恨み節 コロナ。

3ヶ月もの間 ブログ更新せず。

いつもポチッと応援してくださっていた皆さまに申し訳ない思いです。 

そして ありがとうございました。





今年は わたしと主人にとって特別な年でして。。。

恥ずかしながら 人生の節目の年 「還暦」を迎える年なのです。

昔で言ったら 60歳なんておじいさん おばあさん。

いや いまでも そうか。。。

 

 

気持ちは若いつもりでも 朝 洗顔時 鏡に映る自分を見て ハッとする瞬間の

なんと多くなったことか。 (汗)

結婚して33年目。

記念の旅をしようと昨年秋から計画していたのでした。

旅先は 北海道に行ったことがないという主人。

なら わたしの姉が住む北海道旭川にしようと。

姉も楽しみにしていてくれて 私たち夫婦が来たらと色々観光する場所をあちこち

考えていてくれたそうな。

 

わたしが高校生のとき北海道に嫁いだ姉。

北海道。ちょっとやそっとでは会いに行けませんよ。

津軽海峡を渡らなくっちゃいけない。

友人や職場で姉妹でデパートで洋服を買ったり映画を見たとか 旅行へ行ったとか聞くと

ほんとうに羨ましかった。

そんな経験ないんだもの。わたし。 

だから この旅行主人に感謝しながら 本当に楽しみにしていたのです。

1月末には 3泊4日で往復 航空チケットも予約済みでした。



そこに この コロナウィルス騒ぎ。

 

毎日ニュースで 増加の一途を辿った感染者の数と

北海道の状況をみて 4月半ばに 泣く泣く航空券キャンセルしました。

それからのわたし 会社に行くのも辛かった。

毎日仕事をこなし やり過ごすのが精一杯でした。

 

 

このままではいけない。

なにか自分を奮い立たせるものが欲しくって 

航空チケットのキャンセルで戻って来たお金で新しく電気オーブンレンジを買い換えました。

オーブンの中で ふっくらといい香りを出しながら焼き色が付いていくパンを覗きながら

少しずつ 元気を取り戻しつつある今日この頃です。

北海道旅行 決して諦めてた訳ではありません。

来年の夏 旅費を上乗せしてリッチな旅を計画します。

それまでには コロナ収束して欲しいものです。

 

 





 

Img_2604



 なかなか手に入らなくなった マスカルポーネ。
新しいオーブンで白あんを入れて シーキューブの焼きティラミスを真似っこして 作りました。
熱いうちに 濃いめのコーヒーを生地に染み込ませてあります。

Img_2605

 

ふんわり生地と 白あんの甘さとコーヒーのほろ苦さ。 美味しかった。

 

 

 

 

 

こちらは ブリオッシュの生地を一晩野菜室で冷蔵発酵させた

パン・オ・レザン。

 

 

 

Img_2609

 

カスタードクリーム 手間は掛かりますがその分おいしさが違います。

 

 

今度のオーブン 庫内温度がちゃんと上がってくれて上手く焼けてくれます。

 

 

 

Img_2608

 

 

溶けない粉糖でお化粧して 

翌日の朝も 職場でのランチも パン・オ・レザンとサラダ。

何個も食べられても飽きない美味しさ。 (笑い)

 

 

 

前回のブログで ご紹介した レモンのつぼみが 花を開き

 


Img_2603




6階我が家のベランダ で可憐な花を咲かせて見せてくれましたが 

花は咲いても 咲いても 実はつけてくれませんでした。

果樹は難しいです。  (泣き)

 

 






 

最後に 先週の土曜日 三男が「親子丼」を作ってくれました。

親子丼?と聞いて あの卵と鶏肉の??? と内心不安になってしまったわたし

実は 生卵と鶏肉の皮が苦手なわたし

子育て中 お残しは許しませんょ~。って育てていたから

わたし自身我慢して食べてましたが。。

 




 

お昼 キッチンで親子丼を作っているには 静かすぎると覗いてみたら

同じ親子でも 違っていました。

 

 

Img_2606

 

 

 

サーモンを柵で買ってきたものを薄くそぎ切りし

イクラの醤油づけを酢飯にのせた 親子丼。

なるほど~ 同じ親子でも そっちね~~。ってわたし。

ホッとしたのは 言うまでもありません。

 

 

 

あんなに小さかった末の息子が わたしにお昼ごはんを作ってくれた

食べながら 鼻の奥がつ~んとしてきて 涙を堪えるのが大変でした。

わさび効いてるね~って誤魔化しながら

どこのお店で食べる 丼より ず~っと美味しかったです。

 

 

 
人気ブログランキング

 

2020年3月29日 (日)

冬来たりなば 春遠からじ

今朝 リビングのカーテンを開けたら大雪。

もう4月を迎えようというのに?!

 

 

 

 

Img_2496

 

 

まるで昔 暮らした青森の冬景色のようでした。

折角満開になった桜の枝も しだれ桜のように垂れ下がっていました。

毎朝 洗濯物を干しながら ベランダから見える公園の桜の木々に癒やされて

今日も一日頑張って来るぞー。!ってわたしを元気づけてくれていたのに。

遠く見える八王子の小高い山の桜の木も何もかもがグレーに見える。

でもこの雪で外出自粛になって良かったのかもしれません。

 



冬来たりなば 春遠からじ。

辛い時期を耐え抜けば 幸せな時期は必ず来るという たとえを

わたしもこれまでの人生で ずっと信じて頑張って来ました。

今年のねずみ年は わたしの干支です。 言ってしまった!(汗)

新型コロナウィルスとオリンピックの延期。

大変な年の始まりとなりました。

どうか 一日も早くウィルス騒ぎが収まりますように。

 

 

 



鍋料理にスーパーで買った セリの根っこをプランターに植えて

毎日 大きくなれ大きくなれって水やりをしていたら 芽が出てきて

 

 

Img_2474





Img_2494
3週間程でこんなに伸びてくれました。
大昔 まだ小学校の頃 4つ違いの姉と近くの田んぼに遊びに行き
ザリガニや セリを採って遊んだものです。
姉は物知りで 毒セリと食用になるセリの見分け方を教えてくれて
ふたりで両手いっぱいに家に持ち帰り 母に夕ご飯のおかずにしてもらったりしました。
スーパーのセリは今や 一束 数百円。
随分とお高い野菜となりました。 (苦笑い)
プランターに植え付けながら 遠い昔を思い出しました。




今日の昼 お昼ご飯に寒いから天ぷらそばを。
セリと人参 インゲンと玉葱で天ぷらを揚げてのせました。
みんなで いただきまーす。って一口してから
「あちゃー 写真取り忘れたヮ!」とわたし。
仕方なく そのまま美味しくいただきました。
2月末 2年間一人暮らした早稲田のアパートを引き払って戻ってきた三男と
それを内心喜んでいた次男も
美味しい!!て言ってくれて 嬉しかったです。



こちらは 昨年夏 調布の深大寺にある植木屋さんで購入した レモンの木です。



Img_2493
レモンひとつだけ実を付けていたのを お店の店主の方が安くしてくれて購入しました。

貴重な自宅で摘み取ったレモンは UP出来ませんでしたが 美味しく料理に使いましたょ。




Img_2477


レモンの花のつぼみを生まれて初めて見ました。
花開く日を 楽しみにしています。









Img_2495

 




今日のお昼 何ヶ月ぶりかで焼いた ヴァイツェン ミッュブロートです。

8時間勤務の毎日に疲れてしまって なかなか焼けないパン。

継ぎ足しているサワー種勿体なく思っていて やっと今日重い腰をあげて焼きました。

オーバルのバヌトンを使ったのに なんだか四角ぽい。 

オーブンから出して思わず 笑ってしまいました。 

でも 香りは最高でした。 

明日 サンドウィッチにします。 

明日は 晴れますように。

 

 


人気ブログランキング 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年2月 9日 (日)

手づくりの毎日

 暖冬だとか言われていたのに 冬らしい寒い日が続いたり。

みなさま お変わりございませんか?

すっかりご無沙汰してしまいました。 

 

新型コロナウィルスが拡がって とどまるところ知らずといった様子。

近所の薬局やスーパーでもマスクが売り切れていて

昨日 お昼前八王子の温泉施設へ行った帰りに 大型店舗の薬局へ立ち寄ってみましたが

「本日の入荷分は売り切れです」と張り紙がありました。

自分で出来ることは 帰宅時の手洗いとうがい。

食生活にも気をつけて 呉々も体力を落とさないようにするのが良さそうです。

 






 

 UP出来ないまま 手作りしていたものを。

 

 

 

 




Img_2404




1月3日に長男夫婦が来てくれて 家族6人で楽しく過ごしました。
デザートにと作った 苺のタルトです。 苺これでもかと言うくらい乗せました。

夜は皆お腹いっぱいで食べられず 一晩泊まってくれたので タルトは翌日4日の朝に食べることになって



Img_2405


タルトの向こう側に見えているのは サワー種を準強力粉で種継ぎして作った酵母で焼いた食パンで
これまた甘~いフレンチトースト。
甘いの大~好きな我が家です。(笑い)





Img_2407
こちらは お正月休み最後に合わせ フランスパン用ホシノ天然酵母で焼いたクロワッサンです。
酵母の元種つくりで24時間。 出来た元種を半日冷蔵庫で休ませて 生地を軽く捏ね一晩 冷蔵発酵。
その後 バターを折り込み休ませてを3回。 
その後 生地をクロワッサンカッターでカット 二次発酵 焼成と気が遠くなるほど
手間が掛かりますが  焼き上がったクロワッサンはパリッとして本当に美味しいです。







 

Img_2438


ロールパンの生地で中に カスタードと泡立てた生クリームで作った 
ディプロマットクリームを詰めました。




Img_2439

 

会社に持参して 若い女性が多いわたしの部署。

みなさん美味しいと喜んでくれました。

 




Img_2440
ネットで見つけたレシピを参考にさせていただき焼いてみた
抹茶を練り混んだ生地とで黒豆を巻いたパンです。
抹茶はお薄用を使用したので 香りがとっても良かったです。
参考にさせていただいたパンのように 綺麗な渦巻きにはなりませんでした。
まだまだ修行が足りませぬ。






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月20日 (金)

忘年会とウィークエンド シトロン

令和元年も残すところ2週間を切りました。

時が経つのは本当に早いものです。

 




3ヶ月も更新をせずに毎日ポチッと応援してくださっていた 皆さまに申し訳ない思いです。

そして いつも ありがとうございます。

 フルタイム勤務 ほんと キツくなって来ました。

手の掛かる子供がいるわけでもありませんが 家事をこなし自分の身体と相談しながら

チャリでの通勤の毎日。。

パートと言えど 人様からお給料をいただくというのは 当たり前だけれど 生半可な仕事はしたくない。

11月下旬からは また仕事内容が増えて 娘みたいな年頃の かわいい社員さんにご指導いただきながら

進めています。

今の部署 若い女性がたくさん活躍していて みんな素敵な女性たちばかり。

ご自身たちのお母さんより年上のわたしにも 皆さんよくしてくれます。

だから頑張れる。 

帰宅して 深夜ノート整理。

ちゃんと覚えて行かなくちゃ 教えてくれている社員さんに申し訳ない。   (汗)

ところが 近頃 なかなか頭に入っていかないの。

頭の中の引き出し もう一杯でーす。って感じです。

でも 負けませぬよ。 

 

 

ただ お給料日の日 いただいた給料明細を確認しては

「今月もよくやったゾ! わたし。。」と誰からも労われることもない自分を

褒めたり また来月まで頑張ろ ♫ と励ましたりしております。 (苦笑い)

 

 

 

 

 

 

 今月 7日の土曜日に 学生時代の友人たちと 2年振りの忘年会に行って来ました。

まずは わたしを含め4人の女性たちで新橋駅で待ち合わせ 第一ホテルのレストランでランチ。

さすが 都心のホテル レストラン。

1階のロビーでは ウエディングのセレモニーの予行が行われていて しばし見学。

 とっても幸せそうなお二人を見ながら

昨年 挙式した我が家の長男夫婦のそのときの様子を思い出してしまいました。







レストラン予約時間過ぎていて 我に返り 4人でホテル2階にある フランス料理「アンシャンテ でおいしいランチをしましたょ。

 


Img_2341



 

 

 

Img_2342

 

お皿の上で音楽が流れている感じがしました。 

 

 

 

 

Img_2343

 

 

 

オードブルのサーモンムースのオムニエール セロリラブのピューレとジュドオマール

黒いお皿の中心に サーモンのオレンジ色やプチトマトの赤や黄色の色とりどりの野菜たちで 思わず綺麗~って。

外は 生憎の小雨模様だったけれど テーブルにパッと花が咲いたようでした。

久々の本格フランス料理。少し緊張していて お味分からなくなりました。 (大汗)

 

 

 

 

Img_2344

 

 

なめらかな 口当たりで身体の芯も暖まりそうな カボチャのポタージュ。 

 

写真に撮れていませんでしたが 乾杯用のグラスシャンパンが付いていて お昼からアルコール。

 少し酔いが回って来ていました。







Img_2346

 

 



ドリンクとデザートとともに ワゴンデザートも付いていたコース

  超~満足なランチでした。

 


Img_2347

 

しっかりとコースでのお料理を堪能しましたが 美味しいスイーツは やっぱり別腹です。 

13時の予約でランチの閉店時間15時まで 2時間あっという間でした。

会計を済ませたら 正装した参列者の方たちに見守られながら 先ほどのウエディングの本番中でした。

やっぱり 見てしまう。

 

 

 

 





ランチのあと京浜東北線で桜木町へ。

桜木町駅へ降り立った頃は 雨も止んでおり 街は色とりどりライトアップされて とても綺麗でした。

わたしが20代のころ 田園都市線の溝の口に数年一人暮らしをして 休日に桜木町経由で元町なんぞへ

繰り出していた頃とは まるで様変わりです。 

同じその場に降りたって そっと脳裏に長い年月とともに 朧気になった記憶が蘇る。

思い出とは不思議なものです。

 あの頃のわたしが 今のわたしを見たら 何と言うだろうか。

「な~んだ 普通のおばさんになっちゃたのね。」ってがっかりするかしら?。。。

 

 

友人たちと路線バスに乗って 旧クラスメイトたちが待つ みなとみらい 万葉倶楽部へと向かいました。

施設内は 土曜日とあって入館の手続きも長蛇の列。

先に食事処のテーブルを陣取っていた いつもと変わらぬ 面々と再会。

わたしは少しのアルコールと たわいないおしゃべりと 広々とした温泉に浸かり

22時過ぎ まで 素のままでいられる仲間たちと楽しい時間を満喫して来ました。

 




電車を乗り換えしつつ 自宅マンションへ付く頃は 少し小腹が空いて日が変わる直前でした。

まだ21時以降は食べないを実行しているわたし。

一昨年の暮れの体重から -3.5kgと-3.0kgの間を行ったり来たりです。

昼間 キッチリと カロリー摂っていたし グッと我慢。

暗く静かな通りを歩き自宅マンションへ。

暗闇から見える6階ベランダ越しに リビングの照明の明かりがこぼれ見えていました。

帰る場所があるというのは 有り難いことです。

 

 

 




 長くなりましたが ウイークエンドシトロンを作りました。

 

Img_2332




Img_2333

 

アイシングが少し薄くなってしまったけれど

レモンの酸味と香りが絶妙で家族にも受けが良い一品です。

旭川に住む姉が近くだったら といつも思ってしまいます。   

 

 

 


人気ブログランキング 

2019年9月29日 (日)

二男とわたしの合同 誕生日会

9月も 明日で終わり。

あっという間に また1ヶ月が過ぎてしまいます。

 

 

過日 8月31日生まれのわたしと 9月3日生まれの二男との合同誕生日会をしました。

二男が生まれてからというもの わたしずっと自分の誕生日はパス。

手作りのケーキで 毎年 家族の男たちのそれぞれの誕生日をお祝いしていました。

考えてみると 二男は長男と三男に挟まれて 口には出さないけれど 我慢をさせていたところ随分あったはず。

ケーキだって 長男と三男は苺の季節。

夏生まれの二男は 桃や洋ナシの缶詰のフルーツを使ったり。





そこで 今年は サプライズで ケーキを パティスリーへオーダーしました。

手作りの時より ケーキの予算2.5倍。

おとなしい二男 27歳の大人になったけれど  喜ばせてあげたくて。。。  ( 親の自己満足でしかないかもですが... 汗)

10日ほど前に 自炊の三男に声を掛けて 帰って来てくれるよう頼んでおきました。

長男は 家庭を持った身。 敢えて声かけず。。

ところが 誕生日会の前日 長男からも帰ってくると知らせが。  

内緒だったはずなのに いつの間にか 耳にしたようでした。

 









三男が 通販で伊勢エビを頼んでくれていました。

500gくらいの冷凍の伊勢エビが2尾。

 

Img_2234

 



大層なお値段だったのでは?  大汗

都心の早稲田 高い家賃に住む三男。 安月給なのに大丈夫かと尋ねたら

 ちょっと難あり。 だったそうで 「お母さんが思うより 高くないよ。」 と。

  そう言えば 1尾のひげが無かったです。

自分で買ったという 出刃包丁も持参で  ササッと 捌いてくれました。   

ネットで捌き方見たのだそうで。      

ええ~っ 電車乗って来たのに出刃包丁???  お巡りさんに捕まるわ!!    冷や汗 タラタラのわたし。

ちゃんと理由があれば良いんだょ。  それに箱に入れてきちんと持ってきたし。。 という。 

 

 

 

Img_2233




2尾の身を伊勢海老をお刺身で  1尾の上の部分は わたしが半分に切り鬼殻焼きにしてみました。

Img_2235



5人で一口づつ 分け合って食べました。  ホント美味しかったです!!
お刺身にした方の頭の部分は 翌日の朝 磯の香いっぱいのお味噌汁へと変身しました。  (笑)









27歳にもなって なんだか 幼い子供のバースディー ケーキみたいだけれど

二男 とっても喜んで満面の笑顔でした。   サプライズ成功したようです。  

まさか 長男も一緒にテーブルに着けるとは 思いもせず  お嫁さんに本当に感謝の夜でした。
Img_2237

 


大の大人だって みんなに祝ってもらえるのは 嬉しいですよね。


















そして こちらは 今日作った プリンです。

 

 

 

Img_2257



長男 三男が巣立ち 主人と二男とわたしの生活になって

お菓子なんて ほんと作らなくなりました。

明日 会社のお弁当のデザートに持っていきます。

 

 


人気ブログランキング 

 

 

2019年8月15日 (木)

ミニ盆栽教室とデニッシュ

お久しぶりです。

毎日の猛暑 みなさんはお元気で過ごされたでしょうか。

もう 3か月近くもご無沙汰してしまいました。

毎日 ポチッとして下っていた皆さまに 本当に申し訳ない限りです。

そして ありがとうございます。




 


 5月中旬 また腰を痛めてしまい 整形外科通い。

骨には異常がないとのことで仕事をしながら リハビリに通っていたら 

今度は左腕の肘がうずき出し

こちらも レントゲンを撮ったら テニス肘だという。



「先生 わたし テニスなんてしていませんが。。。。」

「要は 使いすぎですょ。 治すには使わないことですね。」って あっさり 仰る。???

心の中で 仕事も家事もするなってこと? そんな事出来ないわょ。 💢 って憤慨しながら

自分で湿布をして誤魔化しながら 毎日やり過ごしていました。







 疲れているはずなのに 夜 布団に横になっても眠れない。 

深夜1時になり2時を過ぎて 3時位になるといよいよ寝なくっちゃって気ばかり焦る。

隣で眠っている主人に 恨めしくさえ感じてました。


人に会うのも辛くなり でも 仕事は休めない。

お給料をもらう以上 不調なんて見せられないです。

一生懸命 毎日やり過ごして来ました。

朝9時から夕方6時までの勤務。 帰宅したらもうクタクタ。

ネットでみていたら どうやら ”不定愁訴”っていうのに合うみたい。

いわゆる 更年期障害という やつのようです。

とっくに 更年期なんて終わっていたつもりだったのに。。。



 2か月ごとに 病院で持病を見てくださっている先生にも相談したり

試しに 更年期の不調に効果的といわれる 大豆由来の錠剤を試してみました。



なんと 効果あり!! 

いままで 帰宅したら まずひと休み。それからやっとの思いで夕食のおかず 一品作るのさえ億劫だったのに 

ひと休みせずに3品あっという間に作れちゃう。

こんなにも 違うなんて。。。。。驚き(汗)でした。

もうしばらく サプリメントの錠剤 続けてみようと思っています。

リハビリを止めて 1ヶ月ほどになりますが 肘も楽になって来ました。

でも マンションの住民の方にはやっぱり顔を合わせたくない今日この頃です。 (大汗)












 8月に入り 気分を変えようと これまた ネットで見つけた美味しい和食料理の付いた ミニ盆栽教室に行ってきました。

小 中学生のお子さんを連れたおじいちゃま おばあちゃまや若いお母さん方もいらしてました。

まずは 講師の方から 盆栽とは。と

日々の手入れ等の説明を受けながら。

 





今回は ミカン科の金豆(キンズ)です。

小さなオレンジ色の実がなるそうですが 食べられないそうで。 (残念)

 

Img_2179


鉢底の穴に小さな網を針金で留めてから キンズの根の土を払い 伸びている細い根を切り落とし
鉢の中に納めてから 細粒の赤玉土を隙間なく入れたら
キンズの根元と針金を固定させました。
 




Img_2180


Img_2182




可愛らしいキンズの根もとに苔を置き 伸びている新芽のところをパチンパチン。
鉢底から水を吸わせて出来上がり。
小さな白い蕾も付いていて 楽しみ 楽しみ。
素敵な ミニ盆栽 の出来上がりです。
日光を好むそうで 我が家の南側ベランダにピッタリ。

 

 

 







 


ミニ盆栽教室の後は 美味しい会席料理に舌鼓。

 

 

Img_2183

   前菜  ずんだ和え マンゴーチーズ 小鯛南蛮漬け 鳥レーズン煮凝り など

 

 

 

 

Img_2184_20190814155601

 

   椀   鱧ふかし 蓮根餅 翡翠葛水仙 梅肉 柚子 

        夏といえば鱧。 昆布と鰹のお出汁がとっても美味しかったです。 

 

 

 

Img_2185_20190814155601

 

    口取り物  色とりどりの小皿に 手の込んだお料理。

            真ん中の器に入った牛野田焼はお肉がとっても柔らかくって美味しかったです。

            左下の川海老の錦揚げもカリッとして 海老大好きなわたし 頭も食べてしまいました。

                       赤いほうずきの中には 甘酸っぱいヤマモモのシロップ漬けが入っていました。

 

 

 

 

Img_2186_20190814155701

   食事 止椀 香の物   玉蜀黍せいろ御飯でした。

 トウモロコシの御飯なんて 初めて食べました。 塩味の御飯と甘味のあるトウモロコシ 美味しかった。

 

 甘味は 冷しるこ 南瓜ぷりん 白玉餅  これは写真撮り忘れ。。。。




お腹いっぱいになっているのに 甘いものには 目がないわたし。 

高級なランチを食べて 元気が出ました。

 

 

 

 

 

そして 夏休み最後の昨日焼いた デニッシュとフルーツをのせたパイです。

 

 

 

Img_2195_20190815004901

 

カスタードの上に スーパーで安くなっていた無花果と 以前からストックしてあった缶詰の洋梨をのせました。

バターの多い生地は この時期すぐにダレてしまって エアコンの冷房を強くして。

 寒かった!  (笑)

 

 

 

Img_2194_20190815004901


冷凍しておいたパイ生地を伸ばし 菊型で切り抜いて カップの様にしたのですが

焼いたら 縮んでしまって バナナより小さくなってしまった。 

でも サクサクして美味しかったです。







わたしの夏休みも もう終わり。

何事もなく 平凡に過ごせる毎日に感謝しながら また頑張っていきます。

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

2019年5月26日 (日)

代官山散歩

 5月とは思えない暑さ。 

夏生まれなのに暑さに弱いわたしは 二男に扇風機を出してもらって涼んでおります。

明日もこんなんだろうか。 干からびそうです。  (大汗)

 

5月24日の金曜日に友人と 代官山に行ってきました。

 北海道に住む姉がずーっと昔 40年ほど前になりますが 結婚前に住んでいた 渋谷区代官山。

東横線の渋谷駅から一駅先。 駅は小さな駅ですが 素敵なカフェが多く再開発が進む素敵な街になっていました。

40年もたてば 変わるのも当たり前と言えばそうなのですが あまりのその変わり様に驚いてしまいました。





Img_2097thumb1

 





代官山駅前にすっくとそびえ立つ高層マンション。
姉がみたらびっくりするだろうなぁっと思わず言葉が。
混んでいない平日の金曜日に有休をもらって出掛けたのですが 素敵な街を散歩すると
おしゃれした方たちでいっぱい。
前日まで 仕事で疲れていたわたしでしたが 活気のあるおしゃれな街を歩いていたら
なんだか元気が出てきました。 
住んでみたい街って そういうパワーを秘めているのかもしれません。
ネットで予約した 代官山 ラ・ファーメさんでのランチ。



Img_2098



野菜たっぷりでスープの味が濃いミネストローネスープ
渋谷駅新南改札から 歩いて5分ほどでしたが 坂道をあるいて少し汗ばんでいたので
ミネストローネの塩気が 心地よかったです。



Img_2099

1プレートに5品の前菜の盛り合わせ
バナメイ海老のフリッターや サラミとオリーブ 中央の甘味のあるタルト生地にリンゴの酸味とのバランスが
良くって 友人と二人で美味しいの連呼でした。



Img_2101



わたしたちが座った席から 見えたウッドデッキのテラス。  
設えがとってもおしゃれでした。
テラスにテーブル席が2つ 店内もさほど広くないお店でしたが 通りから少し入ったとても静かなお店でした。
お喋りに夢中になって メインのパスタ トマトの風味のアマトリチャーナの画像撮り忘れてしまいました。


Img_2102



デザートのシフォンケーキとドリンクが付いていて 他のお店よりずっとリーズナブル。
どのお料理も美味しかったです。
代官山へ行かれる際は 是非お勧めですょ。





ラ・ファーメさんを出て 更に代官山の散策。

カフェ ・ ル・コルドン・ブルーへ。
かの有名な ル・コルドン・ブルー東京校の1階にあるお店です。
3時過ぎに行ったら もうケーキがなくって。
苺の載ったデニッシュとアイスコーヒーをいただきました。






Img_2120




カフェの席から 授業風景が見えました。
こんなおしゃれな街にある料理学校へ通学できたらシアワセですね。
デニッシュの生地 パリパリで美味しかったです。
ここでも お喋りに夢中。 あっという間に18時になっていました。
代官山の駅に戻って 帰宅しようと思ったら 
代官山東口に 細い通りの前に 昔ながらの瓦屋根のお住まいが。。。
思わず そこだけ 40年前に戻ったような。
懐かしくて 旭川に住む姉に電話して教えてあげたくなってしましました。

どんどん都会化する街に ホッとする瞬間でした。







人気ブログランキング

2019年5月 3日 (金)

たいらけく

 桜の季節も終わり いよいよ令和の時代になりました。

昭和 平成 令和と3つの時代を生きることになり 23年ほど前に亡くなった 明治生まれの祖母を 

「明治 大正 昭和と 3つもの時代を生きるなんて凄いわぁ~。」って 見ていましたが 

わが身もその身になろうとは。。。 (汗) 

 

 

週5日 8時間の立ち仕事 家での家事とで疲れ果て 土日はほとんど家から一歩も出なかったりする日も。

買い物は 生協で取り寄せたり 仕事帰りにスーパーに立ち寄ったりです。

会社に行けば 数百人の人たちがいる職場なので 週末位は誰にも会いたくない感じ?になる訳です。 (汗)

それでも 3月末には友人と食事をしながら かの有名な目黒川の桜見物に行って来ました。

 

 

Img_2048_1

 

Img_2047_1

 

 

 まだ 3分咲きくらいで 平日とあって人出もまばら。   画像がボヤけておりすみません。

友人たちと川岸を歩きながら ゆっくり桜見物ができました。

職場の方たちも みなさん良くして下さるけれど やっぱり 旧友とは有り難いものです。

 

 

 

 

 

 

 4月27日(土)は 長男と三男が帰宅して 家族5人で夕食を囲みました。

海老のつや煮とサーモンのお刺身をのせた ちらし寿司を大きな飯台にいっぱい作りましたが

あっという間に 食べられてしまって 他のおかず 写真撮る暇もなく。 

男ども4人の食欲は すさまじい。   (大汗)

 

 

Img_2037_1

 

 

 

 

4月29日(月)には 以前習っていたお茶とお花の師匠宅へ ドライフルーツを沢山入れたカンパーニュをお届けしました。

 

 

 

Img_2024_1

 

 

 サワー種を使って 酸味のあるハードパン。 先生がとっても美味しいと気に入って下さり 

わたしがお届けするのを とても楽しみにしていてくださるのです。

当日は一緒に ご自宅でランチをさせていただきました。

 

 

Img_2040




先生のご自宅のお庭で取れた あしたばで胡麻和えを作って下さってあったり。




Img_2041





炒め物や サラダなど。 わたしもお惣菜を購入して伺い 美味しいごちそうがテーブルが所狭しと。



Img_2038_1



器もごちそうのうちです。


Img_2039



 先生のお好きな 生春巻きとカニクリームコロッケ。  お口にあって良かったです。 

食事の後 お薄を二服 いただきました。  心落ち着く瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールデンウィークもあと2日ですが 4月30日と5月1日の天皇陛下御退位 新天皇陛下御即位の

式典の生中継にくぎ付けになってしましました。

空を飛ぶ車の開発が進んでいる現代でも 皇室では 悠久の昔から続く歴史を今に伝えていらっしゃる。

感動せずにはいられませんでした。

主人の両親にも わたしの両親にも見せてあげたかった。

令和の時代が 息子たちにとって 心 たいらけく 生きられる時代でありますようにと願っています。

 

 

 

 
人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月18日 (月)

ホシノ天然酵母で デニッシュ

 もうすぐ お彼岸。

桜の開花予想も出て あの薄ピンク色の花が見られるかと思うと

なんだか ワクワクして来ます。

その前に お墓参り行かなくちゃね。。。






 今回も ホシノ天然酵母 フランスパン種を利用して デニッシュを焼きました。

Img_1941





・カスタードを作り 缶詰のダークチェリーと一緒に生地にのせて焼成したもの。

・チョリソーを生地で巻いたもの。

・焼成後に生クリームと苺をトッピングしたものと。

クロワッサンの時と同様に パリパリの触感でとっても美味しかったです。


Img_1942





 記事が前後してしまいますが 

16日 土曜日の朝食。

バゲットでフレンチトーストを作りました。

卵液を十分にバゲットに吸わせて フライパンでこんがり焼き仕上げに粉糖を。。

メープルシロップをまわし掛け 生クリームと自家製のブルーベリーソース。

朝から 甘~いもの食べちゃった。

Img_1946



そうそう 一昨年の秋から始めたダイエット。

去年7月末の長男の結婚式後まで -4.5kgをキープしていましたが

その後 気が緩み 1.5kg リバンドしてしまいました。

ヘルスメーターに乗っては 一喜一憂しながら 保っています。

このくらいが ベストなのかもしれません。

未だ 夜9時を過ぎたら 「食べない!」は続けています。 (苦笑い)












そして 昨日17日 日曜日のランチ

わたしの大好物 お蕎麦です。

お正月に昆布締めを作った時の 昆布が残っており

その昆布と削り節で出汁を取り  みりんと醤油と少しの砂糖で

「かえし」を作りました。

お蕎麦はちょっぴり奮発した乾麺をゆでて。

Img_1952


冷蔵庫にあった 人参 玉ねぎ ピーマン いんげんで かき揚げを揚げて

冷凍のとろろ芋を添えました。

主人と二男と三人でのランチ。

いつもは おつゆを残す二男もすっかり飲み干して完食でした。

残さず食べてくれる 作り手には 何より嬉しいことです。


人気ブログランキング

2019年3月 4日 (月)

ホットケーキと ホシノ天然酵母で クロワッサン

 昨日は3月3日 ひな祭りの日。

冷たい雨の日曜日となりました。

ひなまつりと言っても 女の子もいない我が家。

3月2日生まれの長男がいた 去年まではお祝のケーキを手作り

したりしていましたが すでに家庭を持った身。

今年は誕生日を祝う Lineを送ったのみでした。

 






ゆっくりとした 日曜日 朝食は久しぶりにホットケーキを。。。

Img_1929



バターミルクパウダーを入れて作ってみました。

甘さを控えた生クリームと自家製のブルーベリーソースとメープルシロップを

掛けて。




 30年以上前ですが わたしが結婚したころ

中央線 武蔵境駅の近くに 「I HOP」というファミレス がありました。

パンケーキが美味しくって そのころ調布に住んでいたので主人が良く連れて

行ってくれたのですが 初めて食べた時の美味しさが忘れられなくって。

小さめな薄いパンケーキが 何枚も重なっていて その時初めて

100%ピュアな メープルシロップを知りました。

現在は 日本からI HOPも撤退してしまっていて ハワイに数店舗があるそうな。

また いつか食べてみたいお味です。







 もう一品 手作りしたもの。

土曜日夜から ホシノ天然酵母 フランスパン種で冷蔵発酵させていた

クロワッサン生地。

朝食後からバターを生地に折込み 冷蔵庫で休ませを繰り返して

3時過ぎにやっと焼き上げました。 2日がかりです (汗)

Img_1931

 昨年7月 長男の結婚式で横浜みなとみらいにあるホテル 横浜グランド

インターコンチネンタルの ブッフェダイニング オーシャンテラスでの朝食で

食べた クロワッサン。

サクサクというより パリパリの表現の方が合うほどの触感でしたが

それに近い感じに焼き上がりました。 ホッとしました。



 500gの北海道ハードブレッド専用粉ERに 250gの食塩不使用のカルピスバターを

使用しました。

ドライイーストでは何度か焼いたのですが 天然酵母のクロワッサンは

初めての挑戦でして バターを折込む作業で なかなか生地が伸びないし。

これは失敗かと。。

でも 折角のカルピスバター250gも無駄にするわけにいかず 必死でした。 (苦笑)

8個焼いて 残った生地は下のように成型して冷凍保存しました。

Img_1930



 オーブンの中でだんだんと香ばしい香りを放つクロワッサン。

シアワセな ひと時でした。

お弁当にハムやレタスを挟んで持参しようと思っています。


人気ブログランキング

2019年2月 3日 (日)

ホシノ天然酵母 フランスパン種でカンパーニュ

 今日は 2月3日 節分の日 朝から 良く晴れた日曜日でした。

 子供たちが小さなころは 何日も前から 豆まきの豆を買ったり

保育園から持ち帰った 本人曰く 鬼の面も用意して

会社から帰ってくる 主人の帰りを 今か今かと待っては待ちきれず

子供たちは 「鬼は~そと 福は~うち」と大きな声で練習していたものです。


 その日ばかりは 主人も仕事を早く切り上げて 家族団らんの為に

帰宅しては 疲れた身体で 鬼の面を被らされては 鬼の役をしてくれたのものでした。

子育ての卒業と共に 3人の息子たちから 容赦なく投げ付けられる豆の痛さからも 

解放されてここ数年は 豆まきさえしていません。





今日の節分は 都心で自炊している三男が 朝 やって来て 

主人と二男と三男とわたしの4人 久々にお昼に回転寿司でランチをしてきました。

先月 1月26日 三男の23才の誕生日をまだ祝っておらず そのお祝も兼ねたランチです。

4人でお腹いっぱいになりました。


 夕食は ひとり住まいで なかなか野菜が食べられないという三男のために

・お鍋一杯に 具だくさんのトン汁 と ごはん

・豚ロース肉の生姜焼き 

 作っている最中 あっ 豚 豚になっちゃった! と思ったのは後の祭りでした。 (汗)

・野菜サラダ

・ 亜鉛が取れる胡麻たっぷりの きんぴらごぼう 

・香の物

・三男のお土産の 辛い肉みそ

 


 わたしが 「みんなで食べると 美味しいわネ~。」って言ったら

二男と三男が同時に 「うん 美味しい!」

三男は 「ひとりのごはんは美味しくないょ。」と言いながら

主人と息子ふたりが ごはんをモリモリ食べる姿に なんだかホッとして。

家族みんなで食卓を囲めることに これが シアワセ というのかもしれないと思いました。







 久々に ホシノ天然酵母のフランスパン種を使って昨日の深夜 焼き上がった 

中種法で焼いたカンパーニュです。

準強力粉フランス と ライ麦粉 と 全粒粉を使っています。

Img_1893



Img_1896_2




ホシノ天然酵母で ハードパンを焼けるようになりたいとずっと 思いながら

生地がだれてしまったりで なかなか思うようなパンが焼けずにいましたが 

何とか イメージするものに近づいたような。。。

昨日 オーブンの中で 焼けていくパンを見ながら やっと わたしにも出来た!と

嬉しくなりました。



Img_1903









ホシノ天然酵母の種起しに24時間。

出来上がった元種を一晩冷蔵庫に保存し落ち着かせ

その元種と強力粉と水で発酵種を作り 更に その出来上がった発酵種と

その他の材料で本捏ねさせるという 手間と時間が掛かっています。

クラストはパリッと クラムはもっちりと。

とっても 美味しいカンパーニュになりました。


人気ブログランキング

2019年1月 7日 (月)

お正月 & ウィークエンドシトロン

 新しい年の幕開けも もう7日になりました。

 本年もどうぞ よろしくお願いいたします。

穏やかに晴れたお正月で 我が家は 昨年夏に挙式した長男夫婦が 

大晦日から2日まで泊りがけで過ごしてくれました。

 




 長男のお嫁さんの Sちゃんと一緒に キッチンで おせち作りのお手伝いを

してもらったり 元日の朝は 昆布と鰹節で一番出汁を引いて

出し巻卵を焼いたり 娘と一緒にキッチンに立つとは こういうことなんだなぁ。と

しみじみと嬉しさが込み上げて来ました。

Img_1862



・長男夫婦が お土産に買って来てくれた脂ののった高級な本マグロとサーモン。

魚屋さんで柵で買って来てくれたは良いのですが 大葉とか つまが付いておらず。(汗)

大急ぎ 大根のかつら剥きをしました。

・小ぶりの帆立に塩と胡椒をして小麦粉をまぶしてフライパンで焼きました。

・海老の旨煮 

・北海道に住む姉が送ってくれた 数の子を使って松前漬けを。

・はんぺんと卵で初めて作った 伊達巻は材料がフライパンに対して少なかった様で

細くって 失敗!(泣)

・みがき鰊と日高昆布で昆布巻を。

・通販で取り寄せた ズワイガニ。 身がスッカスカで大失敗でした。

毎年通販で購入していますが 一番の不作。

これから蟹はやっぱり見て買うことにします!!

Img_1863


出し巻卵 左側が Sちゃん作。 わたしより上手!

器用でなんでも上手に作ってくれます。


Img_1864




 フルーツいっぱいのタルトも 長男夫婦が買って来てくれたお土産です。

これでもかというほど 新鮮なフルーツが乗っていて 流石プロの技!

元旦だけ休みを取れた 三男も仕事が終わって明け方 臨時の電車で来てくれて

ご馳走を食べて みんなで楽しいお正月を過ごせました。

ありがたいことです。

 









 わたしと言えば 今年初めて作ったお菓子は ウィークエンド シトロンです。

Img_1865



Img_1866




 国産のレモンがスーパーで売っていたので作ることに。

綺麗に箱詰めして 昨日6日 新年のご挨拶に伺う際に手土産にしました。




長いお正月も終わって 気持ちを仕事モードに切り替え

また 頑張っていきます。


人気ブログランキング

 

2018年12月31日 (月)

ゆく年 来る年

 今日は いよいよ大晦日ですね。

平成 最後の年が暮れようとしています。

わたしにとっては 三男の就職 長男の挙式と慌ただしく あっという間に

過ぎて行った一年でした。

それでも 家族がみな 健康で過ごせたことに 安堵と感謝の気持ちでいっぱいです。

昭和の終わりころに結婚して 平成の時代に仕事をしながら夫と子育てをしました。

子育てが終わったこの年が ひとつの時代 平成の終わりと同じくなろうとは

なんだか 考え深いものがあります。





 今月はじめ 都内に住む長男夫婦が お正月に泊りで過ごしたいと連絡をくれたので

それからの土日は ひと足早く いつもより念入りに大掃除を始めました。

ホームセンターで業務用の洗剤を買って来たり お風呂の湯舟の蓋を買い替えたり

娘になってくれたお嫁さん用のお布団も新たに購入しました。

少しでも 気持ち良く過ごして欲しい その一心で 自分でも涙ぐましい努力です。(笑)

「お料理も何か一緒に作らせてほしいと言っているよ。」と長男経由で

嬉しい言葉を聞かせてくれたので 

31年前に 雑誌を切り抜いて取っておいた「おせち」の作り方なんぞを

引っ張り出しました。

あまりお嫁さんの負担にならない程度の 煮物や海老の旨煮 たたきごぼう 作りを

手伝ってもらおうかしらと。

 


 そんな矢先の昨日 スマートフォンでネットを見ていたら 若い主婦の憂鬱な行事は

なんと 夫の実家訪問だそうで。。。 

我が家の長男のお嫁さん Sちゃんも 相当気を遣っているんだろうなぁ。

わたしも 姑側の立場 ハッとして 肝に銘じてその記事を読みました。

フルタイムで勤務しながら 長男を支えてくれている Sちゃん。

人のこころは 目に見えない。 難しい間柄だからこそ お互いの思いやりが

大切ですが ほんの気持ち 言葉の遣り取りのボタンの掛け違いから 

少しづつ最初の気持ちが薄れていってしまうのかもしれません。

気を付けなくちゃ。 



 記事を読んだあと 頭の隅に影を残しながらも

昨日 パン生地を捏ねるニーダーを使って もち米を蒸し器で蒸して 

初めてお餅を作りました。




ところが のし餅薄くなっちゃった。 (泣)

慣れないことはするもんじゃないヮ。。。 主人と二男にも笑われて。

でも 丸めたお餅 お皿に載せて きな粉をまぶしてあげたら 「美味しい おいしい。」って


Img_1831



べたべたしてなかなか平らにならず デコボコでお恥ずかしい。

でも 買って来たお餅とはひと味違って とっても美味しかったです。

失敗は成功のもと。 次回はもっと綺麗に伸すぞ!と。 

自分で自分を元気づけたり。

一日経った今も まだ やわらかです。








 

 今朝 平成最後の日の出を マンションベランダから見られました。

良いことも 悪いこと(お隣さんとのこと)も 過ぎてしまえば過去の事。

また 来る新しい年が 良い年になるように頑張っていきます。

なかなか更新出来ずも 毎日ポチッと応援してくださった皆さま

本当にありがとうございました。

皆さまにとって 新しい年が 笑顔の絶えない素敵な年であますように。

Img_1837


ほとんどお人形なんて 買ったことの無いわたしですが

なぜか いのししの洋服を着た このキューピーさんに こころ惹かれました。

お供えは 生協で取り寄せた 綺麗なお餅です。


人気ブログランキング

2018年11月18日 (日)

武蔵小山で衝撃のピザ? と 手作りパンと料理

 日に日に寒さが増してくる今日この頃。

先週 11月15日 木曜日 学生時代の友人とふたりで東急目黒線の武蔵小山に

行って来ました。

 都心に住む友人と1年振りに再会するのに  どこに行こうかと考えて 

TVの情報番組にも 度々放送されている武蔵小山の商店街に行ってみることに。

我が家からは 電車を2回乗り継いでも 1時間と7分の近さ。

目的地の武蔵小山駅の改札で 友人と笑顔で再会しました。

 高級住宅地が近いのに とっても庶民的なアーケード街パルムがあって

漆器や 衣料品 自然食品のお店や靴の販売店など楽しいお店がいっぱい。

お喋りしながら 一回りして わたしは靴屋さんで ボア付きのショートブーツを

買いました。





 

  お昼のランチは アーケード街にある essence  diningというピザ屋さんにしました。

 

Img_1776
4種類のチーズのピザ


右上に見える 青い炎は ガスバーナーの火です。 (驚き)
目の前で お店の方がバーナーで表面を焼いてくれるという  
ナント わたしの長い人生でも 初めての経験でした。

Img_1777

マルゲリータ

こちらも バーナーで焼いてくれました。  (汗)

生地がモチモチしていて 美味しかったです。

 ドリンクは 二人ともコーヒーで。

ピザが覚めるのも忘れて 色々なことをお喋りしました。

結婚してから お互いに忙しくって昨年の秋に再会するまで長い空白時間が

ありましたが そんな時間の流れを感じずに お互いに胸の内を話すことが

出来る友がいることに 本当に感謝しています。




時計を見たら 3時半。

あっという間の時間の経過に 驚きました。

楽しかったひと時でした。




久々に甘~いパンを焼きました。

Img_1778

スノーブール

クッキー生地がサクサクして ほんのり甘くって優しいパンです。

Img_1779

デニッシュ生地を捏ね 12時間ほど 冷蔵庫の野菜室で発酵。

カスタードクリームを作って 生地に塗りレーズンを挟んで焼きました。

少し生地に隙間が 。。。。  (汗)

Img_1780

泣かない(溶けない)粉糖でお化粧しました。







 昨日 土曜日のお昼のメニューです。

Img_1773

茄子 レンコン いんげんと人参 玉ねぎのかき揚げ。

冷蔵庫にあった野菜で天ぷらを揚げました。

Img_1774
乾麺の蕎麦を茹で上げ 主人とわたしの二人分の天ぷらそばを。

 ヤマサ醤油の「こんぶつゆ」を水で薄めて簡単に。

わたし麺類大好きで 日本蕎麦は毎日でも良いほどです。

今住む街には 美味しいお蕎麦屋さん見つけられず。 

自分で天ぷらを揚げては お蕎麦を茹でて食べています。

今日 日曜日のランチ 

Img_1767

茄子 ツナ缶 玉ねぎ を使ってパスタを。

多めのオリーブオイルで材料を炒め 市販のトマトソースとゲランドの塩で味付け。

土日でゆっくり休んだので明日からまた頑張ろうと思っていた矢先

何が気に入らないのか 隣の奥さん またベランダのサッシをバーン。

部屋の中でも ガタンガタンと音を出しはじめ ただただ 溜息を付くしかないわたしです。


人気ブログランキング

 

2018年11月13日 (火)

2年振りの再会と手土産

 11月も半ば。 朝晩 寒くなりましたね。

立冬を迎えて ベランダから見える公園の木々も葉を赤や黄色に染め始めました。








 先月 10月下旬 北海道に嫁いで40年近くなる姉が 義兄と結婚以来初めて

二人旅で 東京へやって来ました。

姉ひとりでは 時々帰って来ていたのですが。

 結婚以来初めての二人旅だそうで 息子夫婦と小さな孫に会ったり 

東京の名所を散策したり すっかり おのぼりさんしたんだとか。

二人仲良く 3泊4日を満喫したようです。

東京を後にする最終日 羽田空港に向かう前に ランチでふたりをもてなそうと

10月25日 姉夫婦と東京駅で合流しました。

 今回は我家には来れず 残念でしたが。

Img_1731


綺麗になったクラシックな駅舎が近代的な丸の内の街の中にとても映えます。








 丸ビル内5階にある カサブランカシルク 丸の内店を予約していました。

ベトナム料理をフレンチテイストにしたお料理のお店です。

何度か訪問していますが 毎回美味しいお料理に舌鼓。

Img_1724



少しぼやけていてすみません。

左から なめこと山芋を添えた しめ鯖。 

さつまいもを薄く揚げたものに 酸味のあるオレンジのムース。

(これは ちょっと真似っこしてみたいと思いました)

生春巻き 

(このお店で食べてから 我が家でも定番の一品になりました)

鴨のスモーク

カジキのたたき。



 今回はお義兄さんも一緒なので 話す内容も結構気を遣って。。。

姉妹二人で話すのとは 訳が違いますから。

少し緊張しました わたし。 (汗)

乾杯ドリンクは お義兄さんがウーロン茶とのことで 姉と一緒にオレンジジュースで。 

Img_1726




カツオの花椒揚げ 黒酢ソース。

メインのお料理も お肉と魚で選べるのですが なぜか三人とも魚。

カツオがカラッと揚がっていて 薄くフライしたガーリックがアクセント。

黒酢で味が引き締まります。

Img_1727



 小ぶりのお皿に一口カリー。

プリン型に盛られたごはんとコクがあって後を引く辛口のカリーが出てきてちょっと

驚きでした。

Img_1728




 豚の角煮のフォーと あさりのフォーとで選べるのに 

なぜか三人とも 豚の角煮フォーを。

豚の角煮がとろけるほど柔らかく フォーのお出汁の塩気と合って美味しかったです。

アジアンテイストらしく パクチーの香りが後から追いかけてくる感じ。

もっと大きな器で食べたかったなぁ。

Img_1729





 デザートはリンゴとジャスミンのアイス。

アイスクリームの上に載っているのは リンゴ風味のパイです。

とってもオシャレなデザートで 姉夫婦を招待した わたしも大満足でした。

実は 調度2年前 姉がひとりで東京へ来た際も このお店で二人で食事をしたのです。

その時は 窓側からリニューアル工事中の東京駅舎を見ながらの会食でした。

年月はあっという間に過ぎて行ってしまうものですね。









 17時過ぎのフライトまで まだ4時間ほどありました。

折角の姉夫婦の東京旅行 最後の締めは 何といっても 皇居でしょ。

Img_1722



皇居に向かう道路には ゴミひとつ落ちていなくてとても清々しい空気が

漂っていました。

平日でしたが たくさんの観光バスが止まっていて外国の方が訪問していましたょ。

Img_1723



 皇居側から見えるビル街。

真っ青な空に真っ直ぐとそびえ立つ近代的なビル街の風景がまるで

日本ではないような気持ちになってしまいました。






 時間は待ってはくれません。

姉夫婦を見送りに浜松町駅へ。

駅改札口で 北海道のお土産をもらいました。

空港まで見送ると 帰りが辛くなるし その場で別れることに。

会うは別れの始まりとはこのことでしょう。












 自宅へ戻ってから包みを開けました。

 わたしの大好きな お菓子。

六花亭のお菓子と壺屋総本店のお菓子 き華。

Img_1738





Img_1739
ホワイトチョコレートを2枚のアーモンドガレットでサンドしてあって

アーモンドの食感が堪らなく美味しい焼き菓子です。








 わたしも姉夫婦のために 機内で軽食にとパンを焼いて持参しました。

Img_1718

コーンとマヨネーズを合わせたトッピングのコーンパン。

プチトマト  ズッキーニ チョリソーをのせたピザパン。

ナチュラルチーズを切込みにたっぷりのせたチーズパンを。




 カカオ70%のチョコレートを使用したガトーショコラは

旭川に住む姪っ子たちとその家族へのお土産に。

Img_1717


綺麗に包装して箱に詰めました。

Img_1720


パンは焼き立てが美味しいのですが 朝5時半に起きてまごころ込めました。

 夜 旭川空港に無事降り立ったという知らせのメールに

機内でスープとわたしの差し入れのパンを食べ とても美味しかったと。

家族の夕食を作りながら 安堵した気持ちとほんの少し寂しさも感じました。

北海道はとても遠いです。


人気ブログランキング

 

 

«25年間の悩みと スフレチーズケーキ