ミニ盆栽教室とデニッシュ

お久しぶりです。

毎日の猛暑 みなさんはお元気で過ごされたでしょうか。

もう 3か月近くもご無沙汰してしまいました。

毎日 ポチッとして下っていた皆さまに 本当に申し訳ない限りです。

そして ありがとうございます。




 


 5月中旬 また腰を痛めてしまい 整形外科通い。

骨には異常がないとのことで仕事をしながら リハビリに通っていたら 

今度は左腕の肘がうずき出し

こちらも レントゲンを撮ったら テニス肘だという。



「先生 わたし テニスなんてしていませんが。。。。」

「要は 使いすぎですょ。 治すには使わないことですね。」って あっさり 仰る。???

心の中で 仕事も家事もするなってこと? そんな事出来ないわょ。 💢 って憤慨しながら

自分で湿布をして誤魔化しながら 毎日やり過ごしていました。







 疲れているはずなのに 夜 布団に横になっても眠れない。 

深夜1時になり2時を過ぎて 3時位になるといよいよ寝なくっちゃって気ばかり焦る。

隣で眠っている主人に 恨めしくさえ感じてました。


人に会うのも辛くなり でも 仕事は休めない。

お給料をもらう以上 不調なんて見せられないです。

一生懸命 毎日やり過ごして来ました。

朝9時から夕方6時までの勤務。 帰宅したらもうクタクタ。

ネットでみていたら どうやら ”不定愁訴”っていうのに合うみたい。

いわゆる 更年期障害という やつのようです。

とっくに 更年期なんて終わっていたつもりだったのに。。。



 2か月ごとに 病院で持病を見てくださっている先生にも相談したり

試しに 更年期の不調に効果的といわれる 大豆由来の錠剤を試してみました。



なんと 効果あり!! 

いままで 帰宅したら まずひと休み。それからやっとの思いで夕食のおかず 一品作るのさえ億劫だったのに 

ひと休みせずに3品あっという間に作れちゃう。

こんなにも 違うなんて。。。。。驚き(汗)でした。

もうしばらく サプリメントの錠剤 続けてみようと思っています。

リハビリを止めて 1ヶ月ほどになりますが 肘も楽になって来ました。

でも マンションの住民の方にはやっぱり顔を合わせたくない今日この頃です。 (大汗)












 8月に入り 気分を変えようと これまた ネットで見つけた美味しい和食料理の付いた ミニ盆栽教室に行ってきました。

小 中学生のお子さんを連れたおじいちゃま おばあちゃまや若いお母さん方もいらしてました。

まずは 講師の方から 盆栽とは。と

日々の手入れ等の説明を受けながら。

 





今回は ミカン科の金豆(キンズ)です。

小さなオレンジ色の実がなるそうですが 食べられないそうで。 (残念)

 

Img_2179


鉢底の穴に小さな網を針金で留めてから キンズの根の土を払い 伸びている細い根を切り落とし
鉢の中に納めてから 細粒の赤玉土を隙間なく入れたら
キンズの根元と針金を固定させました。
 




Img_2180


Img_2182




可愛らしいキンズの根もとに苔を置き 伸びている新芽のところをパチンパチン。
鉢底から水を吸わせて出来上がり。
小さな白い蕾も付いていて 楽しみ 楽しみ。
素敵な ミニ盆栽 の出来上がりです。
日光を好むそうで 我が家の南側ベランダにピッタリ。

 

 

 







 


ミニ盆栽教室の後は 美味しい会席料理に舌鼓。

 

 

Img_2183

   前菜  ずんだ和え マンゴーチーズ 小鯛南蛮漬け 鳥レーズン煮凝り など

 

 

 

 

Img_2184_20190814155601

 

   椀   鱧ふかし 蓮根餅 翡翠葛水仙 梅肉 柚子 

        夏といえば鱧。 昆布と鰹のお出汁がとっても美味しかったです。 

 

 

 

Img_2185_20190814155601

 

    口取り物  色とりどりの小皿に 手の込んだお料理。

            真ん中の器に入った牛野田焼はお肉がとっても柔らかくって美味しかったです。

            左下の川海老の錦揚げもカリッとして 海老大好きなわたし 頭も食べてしまいました。

                       赤いほうずきの中には 甘酸っぱいヤマモモのシロップ漬けが入っていました。

 

 

 

 

Img_2186_20190814155701

   食事 止椀 香の物   玉蜀黍せいろ御飯でした。

 トウモロコシの御飯なんて 初めて食べました。 塩味の御飯と甘味のあるトウモロコシ 美味しかった。

 

 甘味は 冷しるこ 南瓜ぷりん 白玉餅  これは写真撮り忘れ。。。。




お腹いっぱいになっているのに 甘いものには 目がないわたし。 

高級なランチを食べて 元気が出ました。

 

 

 

 

 

そして 夏休み最後の昨日焼いた デニッシュとフルーツをのせたパイです。

 

 

 

Img_2195_20190815004901

 

カスタードの上に スーパーで安くなっていた無花果と 以前からストックしてあった缶詰の洋梨をのせました。

バターの多い生地は この時期すぐにダレてしまって エアコンの冷房を強くして。

 寒かった!  (笑)

 

 

 

Img_2194_20190815004901


冷凍しておいたパイ生地を伸ばし 菊型で切り抜いて カップの様にしたのですが

焼いたら 縮んでしまって バナナより小さくなってしまった。 

でも サクサクして美味しかったです。







わたしの夏休みも もう終わり。

何事もなく 平凡に過ごせる毎日に感謝しながら また頑張っていきます。

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

2019年5月26日 (日)

代官山散歩

 5月とは思えない暑さ。 

夏生まれなのに暑さに弱いわたしは 二男に扇風機を出してもらって涼んでおります。

明日もこんなんだろうか。 干からびそうです。  (大汗)

 

5月24日の金曜日に友人と 代官山に行ってきました。

 北海道に住む姉がずーっと昔 40年ほど前になりますが 結婚前に住んでいた 渋谷区代官山。

東横線の渋谷駅から一駅先。 駅は小さな駅ですが 素敵なカフェが多く再開発が進む素敵な街になっていました。

40年もたてば 変わるのも当たり前と言えばそうなのですが あまりのその変わり様に驚いてしまいました。





Img_2097thumb1

 





代官山駅前にすっくとそびえ立つ高層マンション。
姉がみたらびっくりするだろうなぁっと思わず言葉が。
混んでいない平日の金曜日に有休をもらって出掛けたのですが 素敵な街を散歩すると
おしゃれした方たちでいっぱい。
前日まで 仕事で疲れていたわたしでしたが 活気のあるおしゃれな街を歩いていたら
なんだか元気が出てきました。 
住んでみたい街って そういうパワーを秘めているのかもしれません。
ネットで予約した 代官山 ラ・ファーメさんでのランチ。



Img_2098



野菜たっぷりでスープの味が濃いミネストローネスープ
渋谷駅新南改札から 歩いて5分ほどでしたが 坂道をあるいて少し汗ばんでいたので
ミネストローネの塩気が 心地よかったです。



Img_2099

1プレートに5品の前菜の盛り合わせ
バナメイ海老のフリッターや サラミとオリーブ 中央の甘味のあるタルト生地にリンゴの酸味とのバランスが
良くって 友人と二人で美味しいの連呼でした。



Img_2101



わたしたちが座った席から 見えたウッドデッキのテラス。  
設えがとってもおしゃれでした。
テラスにテーブル席が2つ 店内もさほど広くないお店でしたが 通りから少し入ったとても静かなお店でした。
お喋りに夢中になって メインのパスタ トマトの風味のアマトリチャーナの画像撮り忘れてしまいました。


Img_2102



デザートのシフォンケーキとドリンクが付いていて 他のお店よりずっとリーズナブル。
どのお料理も美味しかったです。
代官山へ行かれる際は 是非お勧めですょ。





ラ・ファーメさんを出て 更に代官山の散策。

カフェ ・ ル・コルドン・ブルーへ。
かの有名な ル・コルドン・ブルー東京校の1階にあるお店です。
3時過ぎに行ったら もうケーキがなくって。
苺の載ったデニッシュとアイスコーヒーをいただきました。






Img_2120




カフェの席から 授業風景が見えました。
こんなおしゃれな街にある料理学校へ通学できたらシアワセですね。
デニッシュの生地 パリパリで美味しかったです。
ここでも お喋りに夢中。 あっという間に18時になっていました。
代官山の駅に戻って 帰宅しようと思ったら 
代官山東口に 細い通りの前に 昔ながらの瓦屋根のお住まいが。。。
思わず そこだけ 40年前に戻ったような。
懐かしくて 旭川に住む姉に電話して教えてあげたくなってしましました。

どんどん都会化する街に ホッとする瞬間でした。







人気ブログランキング

2019年5月 3日 (金)

たいらけく

 桜の季節も終わり いよいよ令和の時代になりました。

昭和 平成 令和と3つの時代を生きることになり 23年ほど前に亡くなった 明治生まれの祖母を 

「明治 大正 昭和と 3つもの時代を生きるなんて凄いわぁ~。」って 見ていましたが 

わが身もその身になろうとは。。。 (汗) 

 

 

週5日 8時間の立ち仕事 家での家事とで疲れ果て 土日はほとんど家から一歩も出なかったりする日も。

買い物は 生協で取り寄せたり 仕事帰りにスーパーに立ち寄ったりです。

会社に行けば 数百人の人たちがいる職場なので 週末位は誰にも会いたくない感じ?になる訳です。 (汗)

それでも 3月末には友人と食事をしながら かの有名な目黒川の桜見物に行って来ました。

 

 

Img_2048_1

 

Img_2047_1

 

 

 まだ 3分咲きくらいで 平日とあって人出もまばら。   画像がボヤけておりすみません。

友人たちと川岸を歩きながら ゆっくり桜見物ができました。

職場の方たちも みなさん良くして下さるけれど やっぱり 旧友とは有り難いものです。

 

 

 

 

 

 

 4月27日(土)は 長男と三男が帰宅して 家族5人で夕食を囲みました。

海老のつや煮とサーモンのお刺身をのせた ちらし寿司を大きな飯台にいっぱい作りましたが

あっという間に 食べられてしまって 他のおかず 写真撮る暇もなく。 

男ども4人の食欲は すさまじい。   (大汗)

 

 

Img_2037_1

 

 

 

 

4月29日(月)には 以前習っていたお茶とお花の師匠宅へ ドライフルーツを沢山入れたカンパーニュをお届けしました。

 

 

 

Img_2024_1

 

 

 サワー種を使って 酸味のあるハードパン。 先生がとっても美味しいと気に入って下さり 

わたしがお届けするのを とても楽しみにしていてくださるのです。

当日は一緒に ご自宅でランチをさせていただきました。

 

 

Img_2040




先生のご自宅のお庭で取れた あしたばで胡麻和えを作って下さってあったり。




Img_2041





炒め物や サラダなど。 わたしもお惣菜を購入して伺い 美味しいごちそうがテーブルが所狭しと。



Img_2038_1



器もごちそうのうちです。


Img_2039



 先生のお好きな 生春巻きとカニクリームコロッケ。  お口にあって良かったです。 

食事の後 お薄を二服 いただきました。  心落ち着く瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールデンウィークもあと2日ですが 4月30日と5月1日の天皇陛下御退位 新天皇陛下御即位の

式典の生中継にくぎ付けになってしましました。

空を飛ぶ車の開発が進んでいる現代でも 皇室では 悠久の昔から続く歴史を今に伝えていらっしゃる。

感動せずにはいられませんでした。

主人の両親にも わたしの両親にも見せてあげたかった。

令和の時代が 息子たちにとって 心 たいらけく 生きられる時代でありますようにと願っています。

 

 

 

 
人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月18日 (月)

ホシノ天然酵母で デニッシュ

 もうすぐ お彼岸。

桜の開花予想も出て あの薄ピンク色の花が見られるかと思うと

なんだか ワクワクして来ます。

その前に お墓参り行かなくちゃね。。。






 今回も ホシノ天然酵母 フランスパン種を利用して デニッシュを焼きました。

Img_1941





・カスタードを作り 缶詰のダークチェリーと一緒に生地にのせて焼成したもの。

・チョリソーを生地で巻いたもの。

・焼成後に生クリームと苺をトッピングしたものと。

クロワッサンの時と同様に パリパリの触感でとっても美味しかったです。


Img_1942





 記事が前後してしまいますが 

16日 土曜日の朝食。

バゲットでフレンチトーストを作りました。

卵液を十分にバゲットに吸わせて フライパンでこんがり焼き仕上げに粉糖を。。

メープルシロップをまわし掛け 生クリームと自家製のブルーベリーソース。

朝から 甘~いもの食べちゃった。

Img_1946



そうそう 一昨年の秋から始めたダイエット。

去年7月末の長男の結婚式後まで -4.5kgをキープしていましたが

その後 気が緩み 1.5kg リバンドしてしまいました。

ヘルスメーターに乗っては 一喜一憂しながら 保っています。

このくらいが ベストなのかもしれません。

未だ 夜9時を過ぎたら 「食べない!」は続けています。 (苦笑い)












そして 昨日17日 日曜日のランチ

わたしの大好物 お蕎麦です。

お正月に昆布締めを作った時の 昆布が残っており

その昆布と削り節で出汁を取り  みりんと醤油と少しの砂糖で

「かえし」を作りました。

お蕎麦はちょっぴり奮発した乾麺をゆでて。

Img_1952


冷蔵庫にあった 人参 玉ねぎ ピーマン いんげんで かき揚げを揚げて

冷凍のとろろ芋を添えました。

主人と二男と三人でのランチ。

いつもは おつゆを残す二男もすっかり飲み干して完食でした。

残さず食べてくれる 作り手には 何より嬉しいことです。


人気ブログランキング

2019年3月 4日 (月)

ホットケーキと ホシノ天然酵母で クロワッサン

 昨日は3月3日 ひな祭りの日。

冷たい雨の日曜日となりました。

ひなまつりと言っても 女の子もいない我が家。

3月2日生まれの長男がいた 去年まではお祝のケーキを手作り

したりしていましたが すでに家庭を持った身。

今年は誕生日を祝う Lineを送ったのみでした。

 






ゆっくりとした 日曜日 朝食は久しぶりにホットケーキを。。。

Img_1929



バターミルクパウダーを入れて作ってみました。

甘さを控えた生クリームと自家製のブルーベリーソースとメープルシロップを

掛けて。




 30年以上前ですが わたしが結婚したころ

中央線 武蔵境駅の近くに 「I HOP」というファミレス がありました。

パンケーキが美味しくって そのころ調布に住んでいたので主人が良く連れて

行ってくれたのですが 初めて食べた時の美味しさが忘れられなくって。

小さめな薄いパンケーキが 何枚も重なっていて その時初めて

100%ピュアな メープルシロップを知りました。

現在は 日本からI HOPも撤退してしまっていて ハワイに数店舗があるそうな。

また いつか食べてみたいお味です。







 もう一品 手作りしたもの。

土曜日夜から ホシノ天然酵母 フランスパン種で冷蔵発酵させていた

クロワッサン生地。

朝食後からバターを生地に折込み 冷蔵庫で休ませを繰り返して

3時過ぎにやっと焼き上げました。 2日がかりです (汗)

Img_1931

 昨年7月 長男の結婚式で横浜みなとみらいにあるホテル 横浜グランド

インターコンチネンタルの ブッフェダイニング オーシャンテラスでの朝食で

食べた クロワッサン。

サクサクというより パリパリの表現の方が合うほどの触感でしたが

それに近い感じに焼き上がりました。 ホッとしました。



 500gの北海道ハードブレッド専用粉ERに 250gの食塩不使用のカルピスバターを

使用しました。

ドライイーストでは何度か焼いたのですが 天然酵母のクロワッサンは

初めての挑戦でして バターを折込む作業で なかなか生地が伸びないし。

これは失敗かと。。

でも 折角のカルピスバター250gも無駄にするわけにいかず 必死でした。 (苦笑)

8個焼いて 残った生地は下のように成型して冷凍保存しました。

Img_1930



 オーブンの中でだんだんと香ばしい香りを放つクロワッサン。

シアワセな ひと時でした。

お弁当にハムやレタスを挟んで持参しようと思っています。


人気ブログランキング

2019年2月 3日 (日)

ホシノ天然酵母 フランスパン種でカンパーニュ

 今日は 2月3日 節分の日 朝から 良く晴れた日曜日でした。

 子供たちが小さなころは 何日も前から 豆まきの豆を買ったり

保育園から持ち帰った 本人曰く 鬼の面も用意して

会社から帰ってくる 主人の帰りを 今か今かと待っては待ちきれず

子供たちは 「鬼は~そと 福は~うち」と大きな声で練習していたものです。


 その日ばかりは 主人も仕事を早く切り上げて 家族団らんの為に

帰宅しては 疲れた身体で 鬼の面を被らされては 鬼の役をしてくれたのものでした。

子育ての卒業と共に 3人の息子たちから 容赦なく投げ付けられる豆の痛さからも 

解放されてここ数年は 豆まきさえしていません。





今日の節分は 都心で自炊している三男が 朝 やって来て 

主人と二男と三男とわたしの4人 久々にお昼に回転寿司でランチをしてきました。

先月 1月26日 三男の23才の誕生日をまだ祝っておらず そのお祝も兼ねたランチです。

4人でお腹いっぱいになりました。


 夕食は ひとり住まいで なかなか野菜が食べられないという三男のために

・お鍋一杯に 具だくさんのトン汁 と ごはん

・豚ロース肉の生姜焼き 

 作っている最中 あっ 豚 豚になっちゃった! と思ったのは後の祭りでした。 (汗)

・野菜サラダ

・ 亜鉛が取れる胡麻たっぷりの きんぴらごぼう 

・香の物

・三男のお土産の 辛い肉みそ

 


 わたしが 「みんなで食べると 美味しいわネ~。」って言ったら

二男と三男が同時に 「うん 美味しい!」

三男は 「ひとりのごはんは美味しくないょ。」と言いながら

主人と息子ふたりが ごはんをモリモリ食べる姿に なんだかホッとして。

家族みんなで食卓を囲めることに これが シアワセ というのかもしれないと思いました。







 久々に ホシノ天然酵母のフランスパン種を使って昨日の深夜 焼き上がった 

中種法で焼いたカンパーニュです。

準強力粉フランス と ライ麦粉 と 全粒粉を使っています。

Img_1893



Img_1896_2




ホシノ天然酵母で ハードパンを焼けるようになりたいとずっと 思いながら

生地がだれてしまったりで なかなか思うようなパンが焼けずにいましたが 

何とか イメージするものに近づいたような。。。

昨日 オーブンの中で 焼けていくパンを見ながら やっと わたしにも出来た!と

嬉しくなりました。



Img_1903









ホシノ天然酵母の種起しに24時間。

出来上がった元種を一晩冷蔵庫に保存し落ち着かせ

その元種と強力粉と水で発酵種を作り 更に その出来上がった発酵種と

その他の材料で本捏ねさせるという 手間と時間が掛かっています。

クラストはパリッと クラムはもっちりと。

とっても 美味しいカンパーニュになりました。


人気ブログランキング

2019年1月 7日 (月)

お正月 & ウィークエンドシトロン

 新しい年の幕開けも もう7日になりました。

 本年もどうぞ よろしくお願いいたします。

穏やかに晴れたお正月で 我が家は 昨年夏に挙式した長男夫婦が 

大晦日から2日まで泊りがけで過ごしてくれました。

 




 長男のお嫁さんの Sちゃんと一緒に キッチンで おせち作りのお手伝いを

してもらったり 元日の朝は 昆布と鰹節で一番出汁を引いて

出し巻卵を焼いたり 娘と一緒にキッチンに立つとは こういうことなんだなぁ。と

しみじみと嬉しさが込み上げて来ました。

Img_1862



・長男夫婦が お土産に買って来てくれた脂ののった高級な本マグロとサーモン。

魚屋さんで柵で買って来てくれたは良いのですが 大葉とか つまが付いておらず。(汗)

大急ぎ 大根のかつら剥きをしました。

・小ぶりの帆立に塩と胡椒をして小麦粉をまぶしてフライパンで焼きました。

・海老の旨煮 

・北海道に住む姉が送ってくれた 数の子を使って松前漬けを。

・はんぺんと卵で初めて作った 伊達巻は材料がフライパンに対して少なかった様で

細くって 失敗!(泣)

・みがき鰊と日高昆布で昆布巻を。

・通販で取り寄せた ズワイガニ。 身がスッカスカで大失敗でした。

毎年通販で購入していますが 一番の不作。

これから蟹はやっぱり見て買うことにします!!

Img_1863


出し巻卵 左側が Sちゃん作。 わたしより上手!

器用でなんでも上手に作ってくれます。


Img_1864




 フルーツいっぱいのタルトも 長男夫婦が買って来てくれたお土産です。

これでもかというほど 新鮮なフルーツが乗っていて 流石プロの技!

元旦だけ休みを取れた 三男も仕事が終わって明け方 臨時の電車で来てくれて

ご馳走を食べて みんなで楽しいお正月を過ごせました。

ありがたいことです。

 









 わたしと言えば 今年初めて作ったお菓子は ウィークエンド シトロンです。

Img_1865



Img_1866




 国産のレモンがスーパーで売っていたので作ることに。

綺麗に箱詰めして 昨日6日 新年のご挨拶に伺う際に手土産にしました。




長いお正月も終わって 気持ちを仕事モードに切り替え

また 頑張っていきます。


人気ブログランキング

 

2018年12月31日 (月)

ゆく年 来る年

 今日は いよいよ大晦日ですね。

平成 最後の年が暮れようとしています。

わたしにとっては 三男の就職 長男の挙式と慌ただしく あっという間に

過ぎて行った一年でした。

それでも 家族がみな 健康で過ごせたことに 安堵と感謝の気持ちでいっぱいです。

昭和の終わりころに結婚して 平成の時代に仕事をしながら夫と子育てをしました。

子育てが終わったこの年が ひとつの時代 平成の終わりと同じくなろうとは

なんだか 考え深いものがあります。





 今月はじめ 都内に住む長男夫婦が お正月に泊りで過ごしたいと連絡をくれたので

それからの土日は ひと足早く いつもより念入りに大掃除を始めました。

ホームセンターで業務用の洗剤を買って来たり お風呂の湯舟の蓋を買い替えたり

娘になってくれたお嫁さん用のお布団も新たに購入しました。

少しでも 気持ち良く過ごして欲しい その一心で 自分でも涙ぐましい努力です。(笑)

「お料理も何か一緒に作らせてほしいと言っているよ。」と長男経由で

嬉しい言葉を聞かせてくれたので 

31年前に 雑誌を切り抜いて取っておいた「おせち」の作り方なんぞを

引っ張り出しました。

あまりお嫁さんの負担にならない程度の 煮物や海老の旨煮 たたきごぼう 作りを

手伝ってもらおうかしらと。

 


 そんな矢先の昨日 スマートフォンでネットを見ていたら 若い主婦の憂鬱な行事は

なんと 夫の実家訪問だそうで。。。 

我が家の長男のお嫁さん Sちゃんも 相当気を遣っているんだろうなぁ。

わたしも 姑側の立場 ハッとして 肝に銘じてその記事を読みました。

フルタイムで勤務しながら 長男を支えてくれている Sちゃん。

人のこころは 目に見えない。 難しい間柄だからこそ お互いの思いやりが

大切ですが ほんの気持ち 言葉の遣り取りのボタンの掛け違いから 

少しづつ最初の気持ちが薄れていってしまうのかもしれません。

気を付けなくちゃ。 



 記事を読んだあと 頭の隅に影を残しながらも

昨日 パン生地を捏ねるニーダーを使って もち米を蒸し器で蒸して 

初めてお餅を作りました。




ところが のし餅薄くなっちゃった。 (泣)

慣れないことはするもんじゃないヮ。。。 主人と二男にも笑われて。

でも 丸めたお餅 お皿に載せて きな粉をまぶしてあげたら 「美味しい おいしい。」って


Img_1831



べたべたしてなかなか平らにならず デコボコでお恥ずかしい。

でも 買って来たお餅とはひと味違って とっても美味しかったです。

失敗は成功のもと。 次回はもっと綺麗に伸すぞ!と。 

自分で自分を元気づけたり。

一日経った今も まだ やわらかです。








 

 今朝 平成最後の日の出を マンションベランダから見られました。

良いことも 悪いこと(お隣さんとのこと)も 過ぎてしまえば過去の事。

また 来る新しい年が 良い年になるように頑張っていきます。

なかなか更新出来ずも 毎日ポチッと応援してくださった皆さま

本当にありがとうございました。

皆さまにとって 新しい年が 笑顔の絶えない素敵な年であますように。

Img_1837


ほとんどお人形なんて 買ったことの無いわたしですが

なぜか いのししの洋服を着た このキューピーさんに こころ惹かれました。

お供えは 生協で取り寄せた 綺麗なお餅です。


人気ブログランキング

2018年11月18日 (日)

武蔵小山で衝撃のピザ? と 手作りパンと料理

 日に日に寒さが増してくる今日この頃。

先週 11月15日 木曜日 学生時代の友人とふたりで東急目黒線の武蔵小山に

行って来ました。

 都心に住む友人と1年振りに再会するのに  どこに行こうかと考えて 

TVの情報番組にも 度々放送されている武蔵小山の商店街に行ってみることに。

我が家からは 電車を2回乗り継いでも 1時間と7分の近さ。

目的地の武蔵小山駅の改札で 友人と笑顔で再会しました。

 高級住宅地が近いのに とっても庶民的なアーケード街パルムがあって

漆器や 衣料品 自然食品のお店や靴の販売店など楽しいお店がいっぱい。

お喋りしながら 一回りして わたしは靴屋さんで ボア付きのショートブーツを

買いました。





 

  お昼のランチは アーケード街にある essence  diningというピザ屋さんにしました。

 

Img_1776
4種類のチーズのピザ


右上に見える 青い炎は ガスバーナーの火です。 (驚き)
目の前で お店の方がバーナーで表面を焼いてくれるという  
ナント わたしの長い人生でも 初めての経験でした。

Img_1777

マルゲリータ

こちらも バーナーで焼いてくれました。  (汗)

生地がモチモチしていて 美味しかったです。

 ドリンクは 二人ともコーヒーで。

ピザが覚めるのも忘れて 色々なことをお喋りしました。

結婚してから お互いに忙しくって昨年の秋に再会するまで長い空白時間が

ありましたが そんな時間の流れを感じずに お互いに胸の内を話すことが

出来る友がいることに 本当に感謝しています。




時計を見たら 3時半。

あっという間の時間の経過に 驚きました。

楽しかったひと時でした。




久々に甘~いパンを焼きました。

Img_1778

スノーブール

クッキー生地がサクサクして ほんのり甘くって優しいパンです。

Img_1779

デニッシュ生地を捏ね 12時間ほど 冷蔵庫の野菜室で発酵。

カスタードクリームを作って 生地に塗りレーズンを挟んで焼きました。

少し生地に隙間が 。。。。  (汗)

Img_1780

泣かない(溶けない)粉糖でお化粧しました。







 昨日 土曜日のお昼のメニューです。

Img_1773

茄子 レンコン いんげんと人参 玉ねぎのかき揚げ。

冷蔵庫にあった野菜で天ぷらを揚げました。

Img_1774
乾麺の蕎麦を茹で上げ 主人とわたしの二人分の天ぷらそばを。

 ヤマサ醤油の「こんぶつゆ」を水で薄めて簡単に。

わたし麺類大好きで 日本蕎麦は毎日でも良いほどです。

今住む街には 美味しいお蕎麦屋さん見つけられず。 

自分で天ぷらを揚げては お蕎麦を茹でて食べています。

今日 日曜日のランチ 

Img_1767

茄子 ツナ缶 玉ねぎ を使ってパスタを。

多めのオリーブオイルで材料を炒め 市販のトマトソースとゲランドの塩で味付け。

土日でゆっくり休んだので明日からまた頑張ろうと思っていた矢先

何が気に入らないのか 隣の奥さん またベランダのサッシをバーン。

部屋の中でも ガタンガタンと音を出しはじめ ただただ 溜息を付くしかないわたしです。


人気ブログランキング

 

2018年11月13日 (火)

2年振りの再会と手土産

 11月も半ば。 朝晩 寒くなりましたね。

立冬を迎えて ベランダから見える公園の木々も葉を赤や黄色に染め始めました。








 先月 10月下旬 北海道に嫁いで40年近くなる姉が 義兄と結婚以来初めて

二人旅で 東京へやって来ました。

姉ひとりでは 時々帰って来ていたのですが。

 結婚以来初めての二人旅だそうで 息子夫婦と小さな孫に会ったり 

東京の名所を散策したり すっかり おのぼりさんしたんだとか。

二人仲良く 3泊4日を満喫したようです。

東京を後にする最終日 羽田空港に向かう前に ランチでふたりをもてなそうと

10月25日 姉夫婦と東京駅で合流しました。

 今回は我家には来れず 残念でしたが。

Img_1731


綺麗になったクラシックな駅舎が近代的な丸の内の街の中にとても映えます。








 丸ビル内5階にある カサブランカシルク 丸の内店を予約していました。

ベトナム料理をフレンチテイストにしたお料理のお店です。

何度か訪問していますが 毎回美味しいお料理に舌鼓。

Img_1724



少しぼやけていてすみません。

左から なめこと山芋を添えた しめ鯖。 

さつまいもを薄く揚げたものに 酸味のあるオレンジのムース。

(これは ちょっと真似っこしてみたいと思いました)

生春巻き 

(このお店で食べてから 我が家でも定番の一品になりました)

鴨のスモーク

カジキのたたき。



 今回はお義兄さんも一緒なので 話す内容も結構気を遣って。。。

姉妹二人で話すのとは 訳が違いますから。

少し緊張しました わたし。 (汗)

乾杯ドリンクは お義兄さんがウーロン茶とのことで 姉と一緒にオレンジジュースで。 

Img_1726




カツオの花椒揚げ 黒酢ソース。

メインのお料理も お肉と魚で選べるのですが なぜか三人とも魚。

カツオがカラッと揚がっていて 薄くフライしたガーリックがアクセント。

黒酢で味が引き締まります。

Img_1727



 小ぶりのお皿に一口カリー。

プリン型に盛られたごはんとコクがあって後を引く辛口のカリーが出てきてちょっと

驚きでした。

Img_1728




 豚の角煮のフォーと あさりのフォーとで選べるのに 

なぜか三人とも 豚の角煮フォーを。

豚の角煮がとろけるほど柔らかく フォーのお出汁の塩気と合って美味しかったです。

アジアンテイストらしく パクチーの香りが後から追いかけてくる感じ。

もっと大きな器で食べたかったなぁ。

Img_1729





 デザートはリンゴとジャスミンのアイス。

アイスクリームの上に載っているのは リンゴ風味のパイです。

とってもオシャレなデザートで 姉夫婦を招待した わたしも大満足でした。

実は 調度2年前 姉がひとりで東京へ来た際も このお店で二人で食事をしたのです。

その時は 窓側からリニューアル工事中の東京駅舎を見ながらの会食でした。

年月はあっという間に過ぎて行ってしまうものですね。









 17時過ぎのフライトまで まだ4時間ほどありました。

折角の姉夫婦の東京旅行 最後の締めは 何といっても 皇居でしょ。

Img_1722



皇居に向かう道路には ゴミひとつ落ちていなくてとても清々しい空気が

漂っていました。

平日でしたが たくさんの観光バスが止まっていて外国の方が訪問していましたょ。

Img_1723



 皇居側から見えるビル街。

真っ青な空に真っ直ぐとそびえ立つ近代的なビル街の風景がまるで

日本ではないような気持ちになってしまいました。






 時間は待ってはくれません。

姉夫婦を見送りに浜松町駅へ。

駅改札口で 北海道のお土産をもらいました。

空港まで見送ると 帰りが辛くなるし その場で別れることに。

会うは別れの始まりとはこのことでしょう。












 自宅へ戻ってから包みを開けました。

 わたしの大好きな お菓子。

六花亭のお菓子と壺屋総本店のお菓子 き華。

Img_1738





Img_1739
ホワイトチョコレートを2枚のアーモンドガレットでサンドしてあって

アーモンドの食感が堪らなく美味しい焼き菓子です。








 わたしも姉夫婦のために 機内で軽食にとパンを焼いて持参しました。

Img_1718

コーンとマヨネーズを合わせたトッピングのコーンパン。

プチトマト  ズッキーニ チョリソーをのせたピザパン。

ナチュラルチーズを切込みにたっぷりのせたチーズパンを。




 カカオ70%のチョコレートを使用したガトーショコラは

旭川に住む姪っ子たちとその家族へのお土産に。

Img_1717


綺麗に包装して箱に詰めました。

Img_1720


パンは焼き立てが美味しいのですが 朝5時半に起きてまごころ込めました。

 夜 旭川空港に無事降り立ったという知らせのメールに

機内でスープとわたしの差し入れのパンを食べ とても美味しかったと。

家族の夕食を作りながら 安堵した気持ちとほんの少し寂しさも感じました。

北海道はとても遠いです。


人気ブログランキング

 

 

2018年10月27日 (土)

25年間の悩みと スフレチーズケーキ

 10月も末となり 今年も残すところあと2ヶ月余りとなりました。

ずっと ご無沙汰しておりました。

毎日 ポチッと応援して下さった皆さまへ感謝しております。

ありがとうございました。




 長男の結婚式後 勤務先の会社の人以外 人に会うのも辛くなり

土日はずっと家に こもっていました。

息子を一人立ちさせた安堵感からくる 鬱とかではありません。





 




 現在住むマンションを中古で購入してから 26年目。

我が家が転居して来て ほどなくしてから 始まったお隣に住む奥さんからの

嫌がらせの行為や 暴言でほとほと疲れていました。

数え上げるとキリがなく 私の友人達や職場の仲間へも相談したり

実家の母が生前遊びに来た折りにも お隣の方がベランダのサッシを思いっきり閉める

行為を何度もしたりで

 「 人生の半分を掛けて支払っていく 大きな買い物をしたのに

それが こんなところか? どんな人が住んでるのか良く調べるべきだったんでは?」 と

呆れられました。 」

(そんなこと どうやって調べるのよ....。)と内心反発しました。 (泣き)






 我が家が越してくる前に パトカーを呼ぶ騒ぎを起こしていたそうで

知る人ぞ知る 女性でした。

売りに出して引っ越すことも考えましたが すでに バブル崩壊後で 中古で購入して

半年で 購入した際の金額より大幅に価格が落ちていました。

ローンも始まっており そうそう簡単に引越しも出来ず。。。

今 このブログを記しているこの時も 部屋の中でドスン ドスンと大きな音を出しています。

最初はしぐさが荒い女性なのかな?とも考えましたが 直ぐにそうではないと思いました。



内容を記せば また 落ち込むので 割愛させていただきます。 

共同住宅に住む以上 お互いに我慢は必要で TVのニュースで時折 隣人との

諍いで裁判沙汰を見ますが 一時は訴訟も考えました。

主人も勝つ自信があるなら やっても良い。とは言いましたが

マンション内のひと目や弁護士さんの費用を考え 三人の息子達の学費を考えると

とても踏み切れなかった。 泣く泣く我慢していました。

 











 昨年秋からは それまで顔を合わせるとお隣さんへしていた挨拶も辞めました。

友人には 「よく挨拶しているわね。する必要ないじゃない。」と言われていましたが。

この夏はじめからは 匂いを出すなど我慢の限度も超えて 管理人さんを通し 

管理組合に訴えました。

どう伝わったのか 以前は顔を合わせるとよく立ち話をしていた他の方が 横目で

わたしを見ていく人もあり まぁ 予想はしていましたが。。。

気のせいと思い やり過ごしていましたが やっぱり辛いものです。

家は 体を休めに帰ってくる場所 それ以上は求めないと心に決めました。

ブログを見ていてくれている 旧友も更新しないのを心配して連絡をくれたり

先日 帰京した姉も気にかけてくれていました。







 お隣さんの出す大きな音も気にならない 良いグッズを見つけました。

Img_1737

iPhoneの完全ワイヤレスイヤホーン。

これを使って好みの曲を聞きながら 洗濯物を干したり プランターに水やりをしたり。

お隣さんの音にも 驚かなくなりました。






 10月23日は 31回目の結婚記念日でした。

23日朝 家を離れた 長男と三男から お祝いのメッセージのLINEが。

二男からは 直接 言葉で 「おめでとう。金婚式だっけ?」と。

忙しい平日の朝から ズッコケさせられました。

夕方は長男のお嫁さんからも届きました。

家族とは有り難いものです。

夜は  お赤飯 金目鯛の煮つけ 煮物や酢の物を作りましたが

作って食べるのが先で 写真撮るのをすっかり忘れており 金目鯛の骨になった

姿を見て ハッと気づきました。  









カスタードクリームを生地に入れて チーズは キリを使用して作った

スフレチーズケーキです。

Img_1732



久々焼いたお菓子だったのに 横が割れました。


Img_1733

フォークを入れると 微かにシュワッと音がします。

一晩置いて 翌日に食べたら味が落ち着いてとっても美味しかったです。


人気ブログランキング

2018年8月 6日 (月)

長男の挙式  横浜 みなとみらい にて

 8月に入って そろそろ残暑お見舞いを出すころになっても

今年はどうしたものか 

「毎日 お暑うございますね。」と 顔見知りの方と出会った際の決まり文句。

もともと 夏生まれなのに 夏の暑さに弱いわたしは 7月に2度も寝込んでしまいました。

日本だけでなく 世界のあちこちで見られる気象現象だと言う。

一体 地球はどうなってしまうのか。 

考えるだけで 冷や汗ものです。





 先月7月は 昨年10月にすでに入籍をし結婚生活を始めていた長男夫婦の

結婚式が行われた嬉しい月でした。

 先ずは 7月14日の土曜日 和装の前撮りでした。

2月から挙式の準備を始め この日は7月28日の挙式を前にして

挙式予定のホテルとは別の場所にて 撮影でした。

新宿駅にて お嫁さんのご実家のご両親とわたしの3人で待ち合わせ 

二人の晴れ姿を覗いて来ました。 

我が家の娘になってくれた Sちゃんに何か プレゼントしたくて お花屋さんにて

ブーケを購入して持参しました。

Img_1374

打掛がどんな色なのか 当日まで 内緒とのことだったので Sちゃんをイメージして

作ってもらいました。

打掛の紺色にぴったり!のブーケでした。

細やかなサプライズに Sちゃんがとても喜んでくれて わたしも嬉しかったデス。

 

Img_1556

180cmの大男と167cmのビックなカップル。とても素敵な二人にウットリしてしまいました。

 撮影に2時間以上掛かりましたが ご実家のご両親とわたしも交えて 記念写真を

撮ってくださいました。

アルバムが出来上がるのが 楽しみです。









 2週間後の28日 土曜日。

挙式当日は 関東地方へ台風12号の直撃するという 嘘みたいなハプニング。

台風の予報が出た23日頃 ずっと猛暑 酷暑の天気続きだったのに なんで また

この日に台風?と お天道様を 恨めしく思いましたが 晴れ女のわたし。

LINEで落ち込む長男へ 「必ず 晴らしてみせるワ!」って豪語して

でも 毎朝 神棚と 主人の亡くなった両親へ

「どうか 挙式1時間だけでもいいですから 晴れにしてください。」と祈願していました。

Img_1285_2

当日 ホテル内のチャペルにて 感動の挙式後 二人が退場する後姿です。




 生まれて初めて キリスト教式のウエディングに出席。

ヴァイオリン チェロ オルガンの生演奏と ソプラノの歌手の方の歌声で

始まった 結婚式。

チャペル内に 外国人の神父様の声が響き渡り 式次第に従って

厳かに式が勧められました。

聞き覚えのある 讃美歌 312番も 歌詞カードを見ながら親族一同と

演奏に合わせ歌いました。 



 指輪の交換をするふたりを見ながら 私の役目は本当に終わったのだと 思いました。

長男の後姿に 幼い頃の姿が重なり 思い出が頭の中を駆け巡って万感胸に迫り。

思わず 私だけ 咽び泣いてしまっていました。 

(泣くつもりは なかったのですが 今振り返ると 晴れの日に相応しくない泣き方でした 大汗)

 











  長男夫婦から親族へ感謝のサプライズと。

大風の中 バルーン リリースが予定通り 屋外にて行われて 二人とも喜んでいました。 

介添えスタッフの方が花嫁のドレスを抑え 幾つかの風船は糸からちぎり飛ばされ

セットした私の髪はかき乱され 片手に風船の紐 右手で留袖の裾を抑えるわたし。

みんな大爆笑しながら 一瞬の風が止む瞬間に糸を持つ手を放した途端

大空高く 遥か彼方にすっ飛ばされて行きました。

(ふわりふわりと揚っていく筈のバルーン。 人生ってこんなこともあるものです 笑

ホテルスタッフの方々が 次々に吹き飛ばされるバルーンを補足して下さり 感謝です。


その場で集合写真を撮りました。 

みだれ髪状態で。。。?と思いましたが 再度 屋内の写真室で

着付け担当の方が来てくれて 直してくださりホッとして

一生一代の記念写真に臨みました。

長男夫婦 主人のモーニング姿 二男 三男も立派な社会人になった姿を

ひと目 主人の両親や 私の両親に見てもらいたかったです。

両親たちの写真 バッグの中に入れ チャペルと披露宴でも傍に置きました。



披露宴 

厳かな挙式のあと ホテル30Fに移動。

用意されたドリンクで緊張した心と喉を潤しながら 花嫁の御仕度を待ちました。

Photo

レンガ倉庫や山下公園まで良く見えます。

Photo1

台風が少し遠慮してくれて 強風だったものの薄日も射すほどに。

別室の披露宴会場に案内されると ステキな設えとなっていました。

Img_1534

Img_1535
席札に私の名が記されていましたが 加工しました。



横浜らしさを表現して 薄いブルーのテーブルクロスは 海を 

ナフキンの折り方は 帆船を表しているそうです。 さすがのおもてなし。

 






長男夫婦の入場の前に お祝いの挨拶ともに 

「本日はお二人から中華のお料理をお選びいただき テーブルの花のアレンジメント 

グラスもお一つづつ お二人でお選びになったものです。」 と

宴会場のキャプテンが 説明してくださいました。

この日のために ふたりで 何ヶ月も前から 何度となく横浜に通い

一つひとつ細かく決めて来たのか。と思うと またグッときてしまいました。

Img_1286 

まずは宴会場キャプテンから 二人のグラスへシャンパンを注がれました。








お祝い 味覚盛り前菜

ガラスの器 クラゲ/ 白い蓋付き 雲丹ムース キャビア添え/

左下 有頭車海老/ 子持ち昆布 叉焼/  右下 北京ダック

Img_1287



フカヒレ姿の煮込み 野菜と金粉添え

 

Img_1558

大きくってプリップリのフカヒレ。薄味のお出汁で本物のフカヒレって

こんな味だったの?って思ってしまった。 




ロブスターのピリ辛甘酢醤油ソース炒め

 

Img_1289

ロブスターの下には マッシュポテトに程良い酸味と辛みのソースが掛かっていて

高級な干焼蝦仁みたい。 海老好きなわたしには 2切れの身では物足りない。 (汗)










鮑の柔らか煮 牡蠣ソース風味

Img_1290同じ味付けの大根の上に 柔らかく煮られている大きな鮑。

こんな大きな鮑 丸ごとひとつ。 とっても柔らかくってオイスターソースの

風味に負けないくらい鮑の磯の香がして それはそれは 美味しかったです。

祝い蛤と海鮮のスープチャーハン

Img_1291
小ぶりの器に品良く卵やイカの入ったチャーハンが。

暖かいスープを注いでくださって。 チャーハンもおしゃれな一品になっていました。






“カリュウ”特製マンゴープリン/桃のアイスクリーム ウエディングケーキ添え

Img_1561

このホテル31Fにある 中華料理 カリュウの特製マンゴープリン 右端。

滑らかなマンゴー風味のプリンと 桃風味のアイスクリーム。

緑色のりポンの様な形は抹茶風味?チョコレートでした。

デザートと一緒にコーヒーをいただきました。








このあと お見せ出来ないのが残念ですが Sちゃんのご実家のお母さんと

わたしで一緒にデパートで選んだ 婚礼に相応しい素敵な写真立てと

両家家族からのメッセージを記入したシール 前撮りの和装写真を張り付けた

見開き式の色紙をサプライズとして長男夫婦にプレゼントをしました。

予め ウエディング担当コーディネーターの方と連絡を取って その時間を

作ってもらっていたのですが 最後までふたりには気づかれず。

 しあわせのサプライズが出来て良かったです。




わたし自身 今年春からこの夏の長男夫婦の挙式に向けて

留袖で出席しようと 留袖や留袖用の帯揚げ 帯締めを購入したり

ほんとうに楽しい時間を過ごしました。

主人公は 当の長男夫婦なのに。。。

 面倒なサプライズのお願いも快く受けて下さったホテルの

ウエディングコーディネーターの方や 強風の中 バルーンリリースを成功させて

下さり 小さな結婚披露宴を思い出深いものにしてくださった

ホテルスタッフの皆さまに感謝しています。

Img_1301



Sちゃん とっても綺麗な花嫁姿でした。

 







 待っている時間はとても長く 楽しい時間は音もなくあっという間に

過ぎて去って行ってしまうものです。

目標にしてた長男の結婚式が終わり 少し無気力になってしまっていた今日このごろ。

嬉しいニュースが飛び込んで来ました。

北海道に住む姉夫婦が 10月に東京へ帰京すると言うのです。

また ひとつ楽しみなことが出来て 明日からまた頑張れそうです。

     久々の更新に長々とスミマセン。
人気ブログランキング

 

 

 

 

2018年7月15日 (日)

伊勢神宮 内宮~猿田彦神社 

伊勢神宮の参拝から 1ヶ月以上も過ぎ更新もせず。

いつも ポチッと応援して下さっている皆さんに面目もない次第です。

週5日 フルタイムの立ち仕事 本当に体力的に辛くなって来ました。 トホホの毎日です。

とは言うものの 自分で決めたことですから 頑張るしかないのですが......。


 さて 内宮の参拝です。

Img_1263

この宇治橋のところにある鳥居 いよいよ内宮の玄関です。

逆光で暗いですが 本当はとても良い天気で ほど良い風が時より吹いて参拝日和でした。



ここからは バスツアーの添乗員の方から 現地のべてらん伊勢神宮観光ツアー

ガイドの方が案内して下さいました。

前回は 個人で自由に回ったのですが。

Img_1273



五十鈴川です。

手水舎もあるのですが 江戸時代の昔から この五十鈴川の清流で清めて

お参りしたそうな。 

前回も そして今回も この清らかな清流で手を清めました。

新緑の中を静かに流れる様は 日頃のススが貯まった心を洗い流して

くれるかのようでした。

Img_1264



内宮のご正宮です。

この階段から先は撮影禁止。


平成25年に 20年に一度の式年遷宮が行われて 前回参拝した7年前のご正宮は

こちらより 向かってもっと右側にありました。

正面に見えている 鳥居の先の神前に白い布(御幌みとばりと言うそう)

下りていて その先は見えないようになっているのですが わたしと友人が

お参りする際に その帳がふ~っと こちら側へ捲れ上がり内側が

しっかりと見えました。




ガイドさん曰く 神様に歓迎されているのだそうです。 (嬉しい!って友人と笑顔になりました)

因みに 正宮では 参拝の際 個人のお願いごとをしてはいけないそうで

日頃の感謝をするところだそうです。


Img_1334





荒祭宮  

神様の荒御魂をまつる別宮です。 個人的なお願いごとは こちらで。

金曜日の朝9時半でも 順番を待つのが大変。

友人は とても長い時間お参りしていました。



広い 内宮。

参拝のあと ちょっと ひと休みすることに。

宇治橋を渡っておはらい町に出ると 直ぐ右側にある 赤福内宮町支店さんへ。

Img_1269


 わたしの大好きな抹茶蜜がフワフワの氷にたっぷり掛かった 赤福氷を。

氷の中に 赤福も入っていて 夏期だけの限定品。

歩き疲れた身体をそっと癒してくれる 逸品です。

7年前も食べましたが 今回もこれを楽しみにして来ました。

おかわり したい.....。けれど 恥ずかしいから我慢しました。



 友人は大阪出身ですが 伊勢神宮は初めての訪問だそうで。

バスの中で 赤福氷の美味しさを話していたから 彼女自身も

とっても楽しみにしてくれていました。


「すご~く 美味しい。」って感激してくれて ホッとしました。

お盆に一緒にのってくる冷たい ほうじ茶も魅力の一つです。

お店の構えが なんとも風情があって懐かしい気持ちになります。

友人は 赤福氷を食べながら 「毎年来たいわぁ。」と一声。

わたしも すかさず 「わかる~。」って。


 重い腰をあげ おかげ横丁 おはらい町を歩きました。

Img_1271

江戸時代も こんな真っ青な空だったのでしょうか。

のどかな時間が流れていました。

Img_1335

五十鈴川カフェ です。

渡り廊下の下側見えるのは 五十鈴川。

Img_1254

まるで江戸時代の街並みにタイムスリップしたかのような気持ちになりました。

この五十鈴川カフェ 美味しいコーヒーやケーキがあるのですが

赤福氷食べたあとだったから 断念しました。


さらに10分くらいあるいて。

Img_1265


みちひらきの神 猿田彦神社に到着。

ものごとの最初に現れ 万事良い方向へ お導き下さると言う神様。

御本殿前にあるのは 古殿地です。

 古殿地は二十四方位を表す文字が彫り込まれていて 文字盤の決められた

方位の文字に手のひらで当てて祈願すると 願い事が叶うと言われています。

ガイドさんに渡された説明書きに習って 手のひらを当てて祈願して来ました。

わたしが 前回 伊勢神宮を参拝した際に購入した 御朱印帳が

この猿田彦神社でいっぱいになりました。 感謝です。





 

来た道をゆっくりと歩きながら戻り お土産を購入して いよいよ お昼。

さっぱりしたものが食べたいね。ってことで お蕎麦にしました。

Img_1333



団子郎茶屋さんで 冷やとろろそばを。

Img_1274





店内はお客様でいっぱいで外の縁側で食べました。

時より 心地よい風が吹き お出汁の塩味が程良く 歩き疲れた身体を

シャッキとさせてくれて 

なめらかなとろろが蕎麦の喉ごしを助けてくれて 美味しかった。




実は 7年前もこのお店で食事をしたんです。

わたし お蕎麦が大好きで 伊勢名物の伊勢うどんや 手ごね寿司には

目が行きませんでした。







ゆっくりと 自由時間の4時間。

友人とおしゃべりしながら お参りと食事と買い物を堪能しました。

友とは有り難いものです。

集合場所の 宇治橋前の広場に向かうと 一緒にツアーに参加した方々も

みな穏やかな顔をしていらして満足げの様子でした。

心地よい疲れを感じながら 大型バスに乗り込み 東京へと帰って来たのでした。







7月1日 主人の誕生日 ケーキを作りました。


Img_1330




シャルロットポワールを作りました。

洋梨を小さくカットして ムースに入れたのですが ムースの量が計算違いか

足りなくって 買い置きしていた黄桃の缶詰と キウイをカットしてのせ

ミロワール ヌートルをたっぷり掛けて誤魔化してしまった。 (汗)


Img_1329








夜 夕ご飯で散らし寿司やら鶏のから揚げやら サラダとで

主人と二男とわたしの三人で 静かな晩餐でした。 

無口な二人の男たちの相手は大変です。 

取敢えず 義理は尽くしました。  (笑)


長々とお付き合い下さりありがとうございました。


人気ブログランキング

2018年6月 5日 (火)

お伊勢参り 弾丸ツアー その①

 早いもので もう 6月。

もう間もなく 今年も梅雨の季節を迎えますね。

そんな 梅雨に入る前に 5月31日金曜日と 6月1日土曜日で友人二人で

パスツアーにて伊勢神宮に行って来ました。

わたしは 震災があった7年前の夏の訪問から2度目の参拝となりました。

相変わらず お伊勢参りのツアーは人気が高いようで 大型バス車内

ほとんど満席状態でした。

お一人さまの女性や男性の姿もありました。

 







 1番目の訪問先

 豊受大神宮 「外宮」 に着いたのは 夜が明けたばかりの 5時半過ぎでした。

深夜 雨が降っていたようでしたが 私たちが到着した時には

すっかり雨は上がって 外宮の森は 清々しい空気で満たされていました。



Img_1272




外宮の正宮です。


すでに 参拝の方がたくさんいらしていましたょ。


天照大御神のお食事を司る神様とのこと。



7年振り ふたたび 元気にお参りさせて頂けたことに感謝しました。






 正宮のお参りのあと 亀石の橋を渡り 別宮へ。


Img_1270

橋が亀のかたちをしています。



Img_1277



この長い階段を上り右に曲がったところに 

豊受大神の荒御魂をおまつりする別宮 多賀宮があります。


Img_1262




多賀宮を参拝して 階段を降りる際 神職の方と擦れ違いました。

 「おはようございます。ご苦労さまでございます。」と お声掛けしたら

 「おはようございます。ありがとうございます。」と返してくださいました。

雨上がりの凛とした空気の中で 神職の方が朝日に照らされて神々しい

くらいでした。

なかなか こんな瞬間には出会えないものです。

Img_1260


 友人と写真を撮るのに夢中になり 集合時間まであと15分を切り

御朱印をいただく為に 急ぎ神楽殿へ向かう途中 木漏れ日となって太陽の光が....。

逆光のため 暗くなってしまいました。

肉眼では もっと太陽の光が輝いて それは それは綺麗でした。

 













 2番目の訪問先  夫婦岩で有名な 「二見浦」の二見輿玉神社へ。

7年前と比べて 海の荒々しいこと。



Img_1259



波飛沫が足元まで飛んできます。

神様の御遣いの かえる があちこちに。

Photo1

近頃 忙しくて 海でも見たいわぁと思っていたので嬉しかったです。





 












つぎは 3番目の訪問先 「月讀宮」へ行きました。

ここには 月讀宮 月讀荒御魂宮 伊佐奈岐宮 伊佐奈弥宮 の四宮が

並んでいて 参拝順序が決まっているのです。




 写真の画像は2番目に参拝する

月讀荒御魂宮です。 

Img_1276

 





 外宮とは打って変り お参りしているのは 私たちツアーの一行だけでした。

天照大御神のお父さんとお母さん そして弟にあたる神様が鎮座する神社です。

外宮 内宮へのお参りが盛んですが お伊勢参りに行くなら

是非とも 参拝したい神社です。








 このあと 内宮  おはらい町 猿田彦神社 と旅は続きます。 

 

 

2018年5月 6日 (日)

潮干狩り と フレジエ

 5月4日 長男夫婦と 二男 三男の4人が 千葉県の船橋にある三番瀬へ

潮干狩りに行きました。

結婚した長男と 実家に残る二男と 就職して自活した三男とが 家を離れても

互いに連絡を取り合い 一緒に行動するなんて 親として本当に嬉しいことです。





 船橋はわたしが幼い頃暮らした街で 小学校に上がる前は養殖でなく

潮が引いた海に入り 熊手で砂を掻けばゴロゴロと大きな あさり やハマグリが

採れたものでした。

結婚して 子ども達が小さな頃は 毎年の様に懐かしいその海へ行き家族で楽しみました。

まるで 宝探しのようで 大人も子供も十分に楽しめる行楽です。








 今年 長男から潮干狩りに誘われましたが 若い人たちの邪魔はしたくないと

遠慮しました。

4人で 6kgのあさりを収穫したそうな。 大漁です。

相当な混雑で 海から上がる際 あさりの計量に1時間も並んだそうです。

Img_1169

帰りの車中で 天塩で海水と同じくらいの濃度にした水に漬けながら来たので

砂を吐かせることが出来るのです。


まめな三男が 長男宅で6kgのあさりを洗って 長男宅  お嫁さんのご実家分 

自分用 我が家分の4つに分けたそう。  ( 脱帽です)






 昨日の朝食は そのお宝のあさりで酒蒸しとお味噌汁に。

Img_1168



自活している三男 今までは青汁なんて絶対に飲まない人でしたが

野菜不足とのことで 帰ってくると我家で飲むようになりました。

Img_1167

砂もほとんど気にならず 身が大きくてぷりぷりして 磯の香が何とも言えず

美味しくご馳走になりました。





























 美味しいイチゴもそろそろ終わり。

久しぶりにフレジエに挑戦してみました。

Img_1174_2

アーモンドプードルの入ったジェノワーズ生地にキルシュの香りが効いた

クリーム ムースリーヌとイチゴの酸味が絶妙なケーキになりました。

 でもイチゴ熟し過ぎだし ジェノワーズに気泡のあとが.....。 (泣き)

工程が多いのと 作成の途中で家族のお昼の支度が重なり仕上がりのころは

力尽きそうになってしまったけれど 何とか。

 



 夜9時を過ぎたら食べない を守りながら8か月目。

ダイエット効果で4kg減量しましたが目標まであと2kg。

と  ここまで来て こういうお菓子作ると ...........。 食べてしまう わたしです。 (大汗)


人気ブログランキング

«スイートブール と ハムロール と ハードパン